世帯 主 から みた 続柄。 本人との続柄の書き方や読み方とは?父/母/義理の息子/嫁

基本を押さえておこう「続柄一覧」 続柄の書き方は曖昧ではいけません。 続柄とは誰に対して、何を意味しているのでしょうか。

6

あなたとの続柄であれば、記入者本人目線で続柄を記入する必要がありますし、単に続柄とだけしか書いていない場合は書類ごとにどの続柄を書くかが変わります。

18

辞書では「つづきがら」となっていますが、そのまま「ぞくがら」と呼ばれ続けていると将来辞書での読み方が変わってくる事もあります。 世帯主の基本的な知識 世帯には必ず1人世帯主が必ずいます。

あなたとの続き柄を言うので、つづきがらの方が馴染みそうですが、ぞくがらと読む場合があります。 それは続柄の書き方そのものが法律で定められているので、誤りなく記入する必要があるからです。

・なぜ世帯主を決める必要があるのか 世帯の中に世帯主を決めることは、今回の話に繋がる理由があります。 住民票の続柄の書き方には決まりがある 一人暮らしを始める時や結婚した時など、住民票は生活の拠点が変わるタイミングで移す必要があり、その都度、続柄を記載することになります。 続柄とだけ書かれている場合は、「世帯主からみた続柄」となります。

書類などで記入しなければいけない場合があり、戸籍や住民票など以外にも公的な書類では必要な場合があります。

そして、寮・アパート・下宿などのような大人数の居住スペースがある場所に住んでいても、生計は別々ですからそれぞれで1世帯として数えます。 書類などを郵送する際の速達の関連記事も参考下さい。

例えば、居住は同じであっても生計は別々の場合は、それぞれを1世帯として数えます。

5

続柄を「ぞくがら」と読む人が多く一般的になりつつありますが、 本来の読み方は「つづきがら」です。

18