江原 啓之 コロナ ウイルス。 江原啓之「コレさえあれば生き抜ける」絶対に必要な4つのこと — 写真・小川朋央(江原さん)

昔はそれこそレストランに行くためにわざわざ「よそ行きの服」に着がえて出かけていました。 始めに話をした、の動画の話、に通じる話として、「キノコ」が人の脳に影響与え、突然変異起こした、話と同じく、人に影響与えるために現れた、「 」である可能性もあり、人類を調整するために現れている可能性も捨てきれません。

10

みなさんにはよく、「睡眠はスピリチュアルな世界への里帰り。

12

「自然とともに暮らす生き方」を選ぶことは、日本の未来にとっても、意義あることだと感じます。 悩み事が無くても、価値のあるアドを伺える場合もあるでしょう。

19

3回シリーズの最終回です。 さんの霊視 コロナ終息に繋がる話として、江原さんは、災害の中にも学びや救いがあると、言葉を発しています。

14

霊視能力を体験された事の無い方は、一度、を受けると、霊視能力の存在に驚き、私達が住む世界の世界観に変化が現れるかもしれません。

13

撮影:大河内 禎. どう注意したらよかったのでしょうか? 自粛期間中にもかかわらず、とりたてて急ぎではない外出をする。 江原の怒りも分かるが、国会への責任追及はやや的外れだと解釈されてしまったようだ。

13

年末に発売されたananでもお話ししましたから覚えておられる方も多いでしょう。 人々が自粛生活を送ったことでCO2が削減され、地球温暖化に歯止めがかかるなど、図らずも自然が美しさを取り戻しているともいわれます。

2

1989年にスピリチュアリズム研究所を設立。

6

食べ物もそうです。

15