インド 少年 コロナ。 【再掲】【アナンド君の予言】コロナ的中のインド14歳少年最新予言…日本に大災害も?

人々はきちんと理解して聞かなければなりません」(アナンドくん) アナンドくんによると、6月の終わりまで世界では何一つ良いことが起こらず、新型コロナウイルスの本格的な収束は7月からだという。

そのウィルスが、今回のコロナよりも深刻なものになる。

5

タンパク質のかたまり。 「グレート・コンジャンクション」といえば、昨年12月22日に約400年ぶりに起こって話題となったことは記憶に新しい。 食事から体はできています。

米オンライン紙「International Business Times」(4月4日付)によると、14歳のインド人占星術師アビギャ・アナンドくんが、 新型コロナウイルスの出現を昨年8月22日に投稿したYoutubeで既に予言していたことが明らかになったそうです。

15

「俺が2016年4月15日に来たのは昨日の地震から偶然ではないことがわかるだろう。 難解なジョーティシャを、めちゃくちゃ分かりやすく解説していました。

9

ただし、忠告しておく。 1日あたりの死者も連日3000人を超え、5月3日時点の累計死者は約22万人に達する。 今まで的中し続けていたアナンド君の予言ですが、今後は外れて欲しいものです。

3