伊賀 越え。 第28回 神君伊賀越えと勝軍地蔵

また、『寛政重修諸家譜』制作資料提出に伴う寛政年間の系図作成ブームや出版ブームの時、「伊賀者は、「忍びの術(忍術)」という特殊技術で徳川家康を助けた」とアピールすると、「伊賀」という言葉が注目され、「神君伊賀越え」として広まったのだそうです。

1

なお、徳川家康は、このときに角屋七郎次郎秀持から受けた恩に対し、慶長5年(1600年)に「汝の持ち船は子々孫々に至るまで日本国中、いずれの浦々へ出入りするもすべて諸役免許たるべし」とする後廻船自由の特権を与えて報いています。 このとき、徳川家康は、武田氏から寝返った穴山梅雪(あなやまばいせつ)を案内者として甲斐攻め 山梨県)を行っており、それが認められる形で、信長より駿河・遠江の両国(共に静岡県)を進呈された。

・3代目・服部半蔵正就:改易され、松平定勝の元で蟄居した。 この難しい交渉に、家康は一緯の望みを抱いていました。

6

まずそこから経緯を説明しよう。 なお、このルートについては諸説あって意見の一致を見ていない。 秀持は伊賀越えで家康を救ったことから、徳川氏の御用商人になっています。

夫より平大夫を「蓑笠之助と改号すべし」と被仰付、常に近仕す。

7

神君伊賀越え [ ] 概要 [ ] 10年()、でが軍に殺害された。

16