極道 の 妻たち 名言。 極道の 妻たち 名 場面

このグリグリシーン、2枚の画像をよく見てもらえれば分かると思うけど… 二人とも笑いを堪えてるんだよね。 「ウチのクソ亭主…、博打で借金こさえるたんびにウチをソープへ働かせに行かしよるんです。

17

それには、主婦やOLに違和感なく、ヤクザ映画には縁のない、テレビなどで好感度の高い大物女優を主人公に起用して安心感を与える[3]、ヤクザ映画とは全然関係のないスターを起用することで、ヤクザ映画に市民権を持たせたかった[6]。

。 主演は、「愛した男が極道だった」という忘れがたいフレーズとともに登場し、以来ゆるぎない迫力の演技と名啖呵でファンを圧倒してきた「姐さん」こと岩下志・・・ 『極道の妻たち』(ごくどうのおんなたち)は、1986年に東映京都撮影所製作・東映配給により公開されたヤクザ映画。 悩みの種は増える一方。

20

, 中でも高島礼子版「極道の妻たち」シリーズは予算の関係から劇場公開作ではなく、レンタルビデオ主導のいわゆるVシネマとして製作されたにもかかわらず大ヒットを記録し、高島礼子の出世作となりました。 , 環は堂本組と朋竜会の抗争勃発を懸念しながらも、真琴の身を案じて不動産会社の御曹司との縁談をセッティングし、真琴は父の借金を返すために不承不承ながら婚約を受け入れる。

18

小磯正明らと共に堂本組を離脱し、朋竜会々長という超重要な役職に就いているにもかかわらず、出番はほとんどない。 , 企画は日下部五朗[3]。 志麻ちゃんはカタギの妹をヤクザの世界には入れまいと八方手を尽くすが、惚れたが最後、かたせは姉の反対を押し切って世良と結婚してしまったのである。

6

若頭という役職から過激派として堂本組に大きく貢献したことが察せられるが、二代目総長に就任して早々組織が分裂するなど人望はそれほど厚くない様子。 しかし歴代の主演女優に比べて、高島は当時30代半ばと若く不安視されたが、関本郁夫が『彼女に合わせて極妻の誕生編を撮ったらいい』と提案し、これが採用されピタッとハマった。 最初はお色気担当のような役割だったが、次第に姐さんとともに闘う女に変身していった[13]。

凄いはずの場面で観客からも笑いが。

それだけでは飽き足らず、高島礼子版のオリジナルビデオシリーズも5作品つくられている。 ところが、四作目の製作が決定した際に、岡田社長が「やっぱり岩下に戻そうや」と"鶴の一声"を発して以降は長く岩下が主演を務め、"極妻は岩下"の代名詞となるほどの岩下の当たり役シリーズとなり[7][8]、シリーズ終了後も岩下が出演するCMは"極妻"のパロディーで制作されたものが多かった[9][10]。