ラップル コンクリート。 住宅等の基礎についてですがラップルとはどのような基礎なのでしょうか鉄筋も配筋するのでしょうか またどのようなときにラップルにするのでしょうかどなたか分かる方おしえてください よろしくお願いします

一方、コンクリートは、自分で所定量の材料を用意して製造することも出来ますが、混ぜる作業は、ノウハウもあり、素人では良いコンクリートにならない場合もあります。 このケースの場合「ラップル」は「ラップルコンクリート工法」と考えられますが、これは基礎底から良好な地盤までが1m~3m位の場合の独立型基礎の場合に用います。 また、捨てコンと勘違いしやすのが、ラップルコンクリートです。

1

しかし、鉄の弱点は錆びであり、錆が発生すると、骨粗鬆症のようになって、構造物自体の強度は弱くなります。

20

「生コンの強度」という言葉は、固まっていないのに強度なのかと、少しおかしいかもしれませんが、これは、呼び強度のことで、品質を指しています。

こうした、経済性や相性等から鉄筋は標準化され、普及してきました。 ただし改良深度内に湧水があってセメント攪拌が困難な場合や隣地や道路に近く掘り混ぜの影響がある場合、採用しません。 地盤の強さを示すN値で、軟弱地盤は0や1など値が小さい場合です。

7

コンクリート中に塩化物の量が多くなると、鉄筋クリート等の鉄筋や鋼材の腐食の原因になります。

16

沼地でも固化剤を選択して、処分なしでも可能ですね。 ひじょーにまずいです。