転移 性 恋愛 精神 科 医 の タブー ネタバレ。 【ネタバレあり】転移性恋愛~精神科医のタブー~のレビューと感想(2ページ目)

しかしその逆に、恋愛感情を持たれてしまってそれに対処できない力不足の医師がいることも現実です。 治療者の座を降りるべきである。

18

なので超絶プラス思考能天気マンと一緒になると回復ワンチャンあります。 自分が見ていたい主人公の一面しか見ずに「あなたはこういう人でしょ?」って押しつけてくるめんどくさいタイプ。

10

しかし司はショックを受けます。 CRNNS 2018年7月8日閲覧 この項目は、に関連した です。

10

気分が浮かれています。

7

二人はふとした拍子に互いの存在が気にかかるようになってしまいます。

15

そのことからも、精神科医が患者と結婚するケースはないといってよいでしょう。 まだまだ話がかき回されそうです。 しかし、本当に治療したいなら自分の所に5年は通うことだ、と連呼した元主治医との関係は良くなったと思ったら急に喧嘩のようになりましたが「患者と主治医の関係が生々しくなるのは良くなる通過点」と他の医師から言われたので必死に通院しました。

その際重要なことは、治療者が患者の性愛感情を是認するわけではない、ということである。 これは、フロイトが『ほれこみ』と呼んだ精神状態です」(片田氏) 心身が弱っている患者は悩みを真摯に聞いてくれる主治医に恋心を抱きやすいとの指摘だが、なぜ、転移性恋愛は「気をつけなければいけない」のだろうか。

20

昔話に花を咲かせます。 「そういえばどうして精神科医という仕事を選んだの?」 そんなたわいもない質問がきっかけで、幼い頃の記憶がよぎります。

20