コロナ しゅう そく 漢字。 コロナ禍はいつ収まるのか、山中教授が出した答え:日経バイオテクONLINE

集団免疫とは、特定の集団や地域で、特定のウイルスに対する免疫力を持つ人が一定の割合に達し、その人たちが壁になって感染が拡大しなくなった状態です。 新型コロナウイルスワクチンの接種は2回ともに無料です。 新型コロナウイルス感染症は、ヨーロッパなどで再び感染が拡大。

「収束」:混乱などが落ち着くこと 「終息」と「収束」は「しゅうそく」と発音する『同音異義語』ですが、使う場面が似ているので混同しやすい言葉でもあります。 ランナーでもある山中教授が「マラソン」という言葉を使った真意を、私なりにデータを基に考えてみました。 これはわたしが直前に「しゅうそく」の漢字に「収束」を使った文章を書いていたからでもあるんですが、 「終息」と「収束」。

「デモの混乱が収束する」「党内の争いごとを収束させる」など 一見「終息」と同じように感じますが、「収束」には〈混乱した状態を落ち着かせる〉という意味が含まれています。 「終息」は、字面通り、「終る」という意味です。

5

国が示している接種順位は以下のとおりになります。 「せいかく(正確)」と「せいかく(性格)」 「いし(意志)」と「いし(医師)」 などがそうで、これらは読み方と発音は同じでも言葉の意味が全然違いますよね。

20

このウイルスを完全に抑え込むには、まだまだ努力が必要だ。 接種を受ける際の同意 ワクチン接種は強制ではありません。

6

どちらも「しゅうそく」と読む漢字です。 「コロナ禍」がよく使われるのは、新型コロナウイルスの感染拡大で引き起こされるさまざまな災難や不幸、経済的・社会的影響など複雑な状況を、短く一言で、インパクトのある文字で伝えることができるからでしょう。

17

それは、「新型コロナの場合、感染もしくは予防接種で抗体が得られても、数カ月で抗体が減衰してしまう」というもの。

3