服薬 管理 看護 計画。 統合失調症の患者さんが退院後も内服を継続するための看護|ハテナース

薬物代謝の低下によって効果の出現が遅れ、血中濃度が高くなり、さらに排泄もなかなかされないため、薬物が体内に蓄積されていきます。 興奮が強く、経口摂取出来ない場合には、筋肉注射や持続点滴注射が行われる。

20

確実に投与し、その効果を観察するため経時的に血圧測定する。 また、患者の意見も聞き入れながら、一緒に計画するとよい。

8

服薬治療を自己中断すると再発率があがるため注意が必要です。 パーキンソン様症状の有無• 薬を一包化する 数種類の薬を服用時刻ごとにひとまとめにすると、薬の飲み忘れ・飲み間違いをぐっと減らすことが出来ます。 また、心臓超音波検査では、頸動脈の動脈硬化の状態が分かる。

13

教材として、そのために当病棟で作成した小冊子とビデオを使用します。 また、睡眠状態は症状の程度を示す指標となることもある。 根拠 幻覚、妄想や自閉症状により、拒食が観察される場合がある。

12

看護師は受容的に関わり、不安、緊張の程度を把握していく。 使用できる状態の残薬が多い場合には、主治医や薬剤師に相談し一時的に処方をストップして残薬から使用させてもらうこともあります。 記憶障害の有無• 健康管理行動を実践する能力がどの程度であるか把握する。

5

高齢者に考えられる身体機能低下と問題点 2 服薬の説明を十分に理解しているかどうかを確認する 服薬方法について説明を理解できているかどうか、以下4つのことを患者さんと確認します。

しかし、 ご本人が取り出す場合には、 生活環境によっては転倒リスクを引き起こすことも考えられます。

松本氏は「乳幼児はおなかがいっぱいになると薬が飲めなくなるため、吸収率などへの影響がない薬であれば、食前に服用させるのも一案」と話す。 アカシジアの有無• これは、成長に伴いが発達し、が芽生えるためと考えられる。

2