特急はしだて 券売機。 指定席券売機でできること:JR東日本

前者の機器では先述の従来の券売機同様に、利用者が使用言語や発駅、着駅、列車種別、座席予約の有無などを選択する。 一方で、地方の中小私鉄やJR閑散路線では、鉄道用券売機より比較的安価な食券用券売機を鉄道向けに調整して使用しているケースが見られる。

10

控えの紙面の発行から1時間以内に、後者の機器で支払と発券を済ませなければ自動的に切符の内容と予約が取り消される。

一方で、食材があっても機械内のプレートが切れてしまえば券売機上は売切表示となってしまったり、収容できるメニュー数や食券枚数が機械の物理的制約を受けるなどの欠点があった。

15

乗車日の1か月前の午前10時から券売機設置駅の列車出発時刻5分前まで購入できる。

5

出張で新幹線を利用するときは、なにかとあわただしいもの。

さらに、2019年10月の消費税増税時に、JR東日本の一部無人駅では、設置されている自動券売機が撤去されるケースもあった。 購入できる券種は、特急券・座席指定券、乗車券付き特急券・座席指定券、関空トク割 ラピートきっぷ(一部駅のみ)。 そのため、ロール状の印刷済み入場券を指定サイズでカットして販売する機械も存在する。

9

(旧・神鋼電機)• 多くの場合、手続き毎に手数料額が決まっているため、券種ごとに発売するのでなく、予め手数料額に合わせてセットで販売されている場合が多い。 設置駅はで確認でき、や指定席券売機の設置されていない駅 、、など でも定期券購入が可能である。 これまで、南海電鉄の特急券等は、インターネット(特急チケットレスサービス)、ホーム上の券売機と駅窓口での発売となっていましたが、今回、新たに特急停車駅の券売機でも特急券を購入することができるようになりました。

15

自由席• かなり高性能な各社の指定席券売機 インターネット予約の普及で、10~20年ほど前と比べれば、JR各駅の「みどりの窓口」に並ぶ利用者はかなり減ったように思われる。 もちろん自由席特急券も購入できる。

2