芥川 龍之介 作品。 芥川龍之介のおすすめ代表作6選

3月 沼地をさ迷う男が音楽に誘われ、沼地に飛び込む。 (新字旧仮名、作品ID:1131)• (新字旧仮名、作品ID:60)• (新字旧仮名、作品ID:145)• (新字新仮名、作品ID:43380)• 結果、鼻は短くなりましたが、今度は短くなった鼻を笑う者が増えたのです。 (新字旧仮名、作品ID:3798)• 新現実主義を掲げた作風は暗く、読み終えたあとも心の中に疑問を残します。

12

一方、妻・文は自身の弟・塚本八洲の療養のための実家別荘に移住。 (新字旧仮名、作品ID:3741)• その傍らで執筆活動は続け、大正6年(1917)5月、 初の短編集となる『羅生門』を刊行します。 あらすじは、作品の細部までこだわるのでなく、 「おおまかな内容を最初から最後まで掴めれば十分である人 」 「作品そのものを読むより大幅に時間を短縮して内容を把握したいという人 」 「以前にその作品を見たことがあるが内容を思い出すきっかけを得たい人 」 「文学などを読むのはあまり好きではないが内容だけは知っておきたいといった人 」 「本好きで、今度どんな本を読もうか迷っている人」 などにとって非常に便利です。

3

(新字新仮名、作品ID:24)• 1915年には 羅生門 を発表。 リンク 読んでみて 高校国語の教科書によく掲載されている「羅生門」、学生時代に読んだという人も多いのではないでしょうか?「羅生門」は『今昔物語集』に収録されている説話を芥川がアレンジしたもので、人間の「エゴイズム」を描き出した作品です。

19

そんな白は、ある日、犬殺しに遭遇します。 この作品で同時に人間社会を否定していたのかもしれません。 享年36〈数え年〉、満35歳没。

9

(新字旧仮名、作品ID:161)• 芥川龍之介 出典:Wikipedia 羅生門 国語の教科書にも載っている芥川の代表作です。 本選びも楽しくなります。

15

「あらすじで読む!芥川龍之介集」では、一人でも多くの方が、 この「あらすじで読む!芥川龍之介集」をきっかけに文学に興味を持って頂ければ幸 いです。

16

大正12年(1923)9月1日に関東大震災が発生すると病弱であるものの自警団に参加しました。 「若冠」の後に (旧字旧仮名、作品ID:59240)• (新字新仮名、作品ID:1126)• また、岸田今日子や神山繁とも親交があり、共に新しい劇団を創設したりもしましたが若い頃からの持病である肺結核が悪化したこともあり昭和56年 1981年 に61歳で亡くなりました。

5