ショウエイ ヘルメット。 アライ、ショウエイ、OGKどれがいいのかヘルメット!?

、圧迫感があり、息苦しく感じることもあるなどの難点もありますが、近年は軽量化がすすみ、換気機構も進化して快適性が向上しています。 そこで今回は、世界No. 統一感のあるエアロフォルムはそのままに、Zシリーズの基本コンセプトであるコンパクトさを専用シェルで実現。

10

この組み合わせにより、自分の好みに適した調整をいとも簡単に行える点は、SHOEIが積み重ねてきたノウハウの賜物と言えるでしょう。 2011年のでは岩手と茨城の両工場が被災した。

16

現在では2輪専門のラインナップが残るのみですが、その品質は非常に高いことで知られており、現在でもMotoGPを闘う選手たちに根強い人気があります。 「QWEST(クエスト)シリーズ」 ストリートからロングツーリングまで、あらゆるライディングシーンを楽しむための秀逸なパフォーマンスを持ったスタンダード フルフェイスヘルメットシリーズです。

14

ただし、正面から見た際の帽体サイドのラインはまっすぐシャープなデザインとし、「頭でっかち」な印象をなくしたコンパクトな帽体設計になっている。 バイザー形状のVAS-V プロシェードシステムはシールドや帽体に沿った形でコンパクトにまとめられています。 実売価格は4万円台前半とかなり高めですが、通気性・重さといったライダーの疲労に直結するネガ要素も限界ギリギリまで抑えられ、プレミアムヘルメットと呼ぶに相応しいハイクオリティのフお値打ち品です。

11

そこで、ヘルメットメーカーは世界に多数存在しますが、その中でも、有名メーカーである「SHOEI(ショーエイ)」や「ARAI(アライ)」のヘルメットをお勧めします。

18

SHOEI自慢の造形技術により、ペインティングラインなどもメンテナンスを妨げないよう最大限の配慮が払われており、クリーニングなどの際にも手間要らずでリペアが可能となっております。

12