巨大 ラプラス 対策。 ポケモン剣盾(ソードシールド)巨大ラプラス対策必須!入手方法と対策まとめ

ラプラスの元からの耐久も相まって正に要塞です。 10万ボルト 10万ボルトの攻撃範囲はフリドラと被っていますが、ダイマックス時の電気技として使えるため、必要に応じて採用すると良いでしょう。

3

フリーズドライでヌオー対策になる ラプラスは、「フリーズドライ」で水地面タイプに4倍弱点を突けるため、ザシアン受けを狙ったヌオー対策ができます。 この技を覚えるという事実だけでも対面した相手の「みがわり」を躊躇させられるため、ダイマックスターンを「みがわり」で稼ぐ戦術を取られにくい。 選ばれた状態異常が無効の場合は効果がない 『でんき』タイプは『まひ』状態に、『どく』『はがね』タイプは『どく』状態にならない。

17

ラプラスの対策 高火力の物理技で弱点を突く ラプラスは体力が高いポケモンだが、高火力の物理技で弱点をつけば一撃で倒し切れる。 どちらの技も相手に壁ターンを稼ぐ動きをさせにくい点が優秀。 「フリーズドライ」よりも威力があり、命中が安定している氷技。

3

努力値について 攻撃性能を落とさないよう、特攻には最大まで努力値を振り、素早さに12努力値を振ったバンギラスを抜けるように素早さを調整しています。 数値受けを崩す手段になる上に「キョダイセンリツ」を威力130で撃てるようになる。

控えめに言って強すぎます。 相手のダイマックス中にこちらが積み切ってしまえばキョダイセンリツ込みでもその後の試合展開が有利なものになっていきます。

3

シャンデラは氷は半減だが水が弱点なことに注意。 やけどを解除してしまうため、使用する場合はパーティと要相談。

18

水タイプ技が一切効かなくなるため、エラがみを打ってきた場合、体力を回復してしまいます。 壁を貼らせないだけでなく、その他の攻撃技に関してもメジャーな水、氷、電気打点は全て無効なので安定して繰り出せる。 弱点を突かれないと腐ってしまうため、 相手の行動に依存せずに火力を上げられるいのちのたまもアタッカー型においては有力な候補となる。

12