海賊房太郎 鯉登。 ゴールデンカムイ232話「家族」【本誌ネタバレ感想】前向きな鯉登少尉についていく

あれだけ兵士達が右往左往して、結局、二階堂がさん捕まえるとかね…… 人生万事塞翁が馬? ウソを責められて、 鶴見「あそう!!でも良かったじゃないか」 って鶴見、軽いwww 門倉のルーブ的な強運、ナンナノヨ!?. ひとりは平太(恐らくノリ子状態)。

20

これはきっとそういうことだと思うのですが……。 そして、尾形・月島・鯉登・宇佐美はそれぞれ、鶴見の前で下の名前が明かされる。

4

すると銃を持った手が誰かの撃った弾に弾かれます。 顔を合わせることにならなかったのは、小銭を拾っていたから。

6

アシリパにも救援! 一方アシリパの元にはこの男が! 野田サトル「ゴールデンカムイ」259話より引用 「誰だ貴様は。

家永は鶴見に捕まっている状態なのに協力的だ… 一方、 土方陣営で家永のことを話し合う尾形達。 だからこそ、死にきれないほどの大家族が欲しいというのです。 これがボウタロウが持っていた一番大きい情報。

19

すると「谷垣の話を忘れたか?」と白石。 野田サトル「ゴールデンカムイ」259話より引用 房太郎は「外で待ってる人はいるのか?家族は?」と聞きました。 自分の家族の住む国を作って、子どもたちが自分のことを国民に語り継ぐというのが房太郎の夢。

知らないおじさんについてっちゃだめだぞ少年。

5

鯉登少尉の本心を確認 すでに前回、鯉登少尉がどういう覚悟で鶴見中尉についていくかは語られました。

12