虹プロ 地域予選。 日本を席巻中!「虹プロ」オーディションから東京合宿の模様をお届け<Nizi Project Part1 1~5話>

どうしたのでしょう。 」 「ダンス、歌が上手より大切な事は、ナチュラルさです」 「自分の声、自分の表情、自分の性格で踊って、歌っているかを見ます」 と、 ただ、ダンスが上手であったり、歌が上手である事以上に大切な要素がある事を仰っています。 一つの要素であった可能性はありますが、これが直接的な原因ではないでしょう。

14

活発」 母「小さい時から記念に、写真撮る時とかも、ポーズがやってきたの?(経験者なの?)みたいな感じのポーズとったりして」 父「ダンスとかそういうのになると、まあ自分の好きなものなんですごい生き生きとした動きをしてはいますね」 インタビュアー「お母さんとお父さん、どなたに似てると思いますか?」 母「私でしょう」 父「僕じゃないです(笑)」 (個別インタビュー) 井上「すごく楽しいです。

20

Park氏曰く、「ダンスは(地域予選の)今まで見た人の中で最高だと思います」とのこと。 Park「ダンスを一回見てみましょう」 岸田、ダンスを披露。 父親がアメリカ人、母親が日本人のハーフで、姉が1人いるようです。

このプロジェクトの名前は 「Nizi project」と名付けられました。

この結果に納得いかない人が続出。 Park「自分だけの長所がなんだと思いますか?」 丸谷「自分の長所…笑顔と、あとは舌の長さです」 J. ボーカルレベルテストでキューブを獲得する最初の主人公とは……! 心配だよ…。 アイドルオーディションをやっているわけで、予選の時にJ. 歌の実力が伸びること• 僕はただ、あなた自身の表現力が見たい。

Park氏のお眼鏡にかなったメンバー。 Park「自分自身が特別なスターになる人材だと思いますか?」 井上「少し心配はありますけど、なりたいとは思ってます」 J. このような本当か嘘かわからないような情報に惑わされることはないと思います。 虹プロが出来レースだと言われてしまう理由のひとつに、 JYPの練習生が4人もいたことが挙げられています。

18

ただの会社の事務員の選考じゃないんだから、容姿も選考基準に入るのは当然な話で、JYPのカラーに合う子が事務所としても欲しいわけですよね。

地域予選からものすごい成長を遂げたようです。

8