生理 前 肌荒れ。 生理前に肌荒れする原因と対策|ニキビを予防するスキンケア&食事を全解説

その周期が規則正しくなっているなら安心です。 女性なら一度は経験したことがあるのでは? 生理周期を司っているのは、ご存知「女性ホルモン」。 生理前の肌荒れがずっと治らないのは、身体内部の不調が原因となっているせいだったんです。

10

自律神経が乱れると、頭痛やめまい、イライラなどの不調が現れる可能性もあります。 さらに、ホルモンの影響でシミができやすかったり、血行不良でくすみやむくみも. けれど、肌荒れの原因は身体の内部にあることが多いです。 周期的に訪れる不快な症状。

10

不足しがちな栄養分もプラスし、揺らぎやすい生理中のキレイを支えます。

14

時間がないときは、UVカット機能の付いたアームカバーや帽子、日傘などを活用して紫外線から肌を守りましょう。 そのため、一時的に肌荒れをしても、焦らずに対策してくださいね。

1

ホルモンバランスを整えて、美肌をキープ 肌のためにはホルモンバランスと上手につきあうことが大切。 ベタつかず、うるおいが持続しやすい乳液タイプ。

17

また、生理後は 若返りのホルモンと言われる 『 エストロゲン(卵胞ホルモン)』 の分泌が高まります。 ビオチン ビオチンは湿疹や皮膚炎などの肌荒れを予防します。 さらに、ホルモンの影響でシミができやすかったり、血行不良でくすみやむくみも. 生理痛だけでなく、血液循環の悪さからむくみやだるさを感じることも。

1

更年期に入り女性ホルモンの量が減ると、バリア機能が低下して乾燥や肌荒れを起こしやすくなるのです。

6

目に見えない身体内部の変化に気づいてあげること。 ふだんよりも 紫外線に敏感になる• また、日々忙しい女性が抱えがちなストレスも大敵。

19

プロゲステロンは• また、肌のバリア機能も低下し、外からの刺激に敏感になるため、かゆみなどが発生すると考えられます。 実際に、ヨーロッパのアロマセラピーでは、セージやカモミールなどの香りが生理前の不快症状を和らげるとされ、昔から使われてきました。

3