飛騨 川 バス 転落 事故。 天心白菊の塔(飛騨川バス転落事故現場)の心霊現象&心霊体験

暗闇でよくわからないが、時計を見ると2時10分をさしている。 岐阜国道事務所は今年度、県内の東海環状道建設に300億円超を投じるが、都市部に比べ利用者が多くない地域の道路に回せる予算は多くないのだ。

11

折から県内(奥美濃)は時間雨量149ミリという、岐阜地方気象台始まって以来の集中豪雨。

2

道路上にたい積した土砂を乗り越え、対岸の下山ダム事務所に急を知らせ、事務所から上麻生発電所を通じ地元の加茂警察署に連絡された。

1

現場近くの白川町三川小学校観測所では、17日23時からの1時間に100ミリの雨量を記録している。 総事業費は190億円。 ともしかしたらその被害者の霊が帰りたくてヒッチハイクしたのではないかと。

帰れなくて助かりました。

16

と3人組のいる近くに止まった。 この企画には名古屋市内の主婦とその家族を中心に730人が参加、バス15台(1号車より16号車、4号車は欠番)に分乗していた。 この豪雨のため道路わきの山肌がゆるみ、岩石・土砂が、高さ100メートル、幅30メートルにわたって数か所で崩れた。

東日本大震災の際に、地震対策のマニュアルが有ったにもかかわらず、園長室だか校長室の書棚に並べて有っただけで誰も見ていなかったという例があったが、それでは全く意味が無い。 しかも国道41号線はトラックの通行も多いので天心白菊の塔付近は直線であるにも関わらず物理的にも注意が必要です。

12

岐阜県中央部に達したのが17日夜20時ごろと推定されている。 明け方、雷鳴がやんで雨も弱まり、空が明るくなると、「涙が出てきた。

7