アイソ キネティック。 トレーニングの方法を知ろう|トレーニング|アミノバリュー公式サイト|大塚製薬

エキセントリックトレーニングは2~5秒かけて下す。

2

例えば、ウエイトトレーニングで限界までダンベルを持ち上げ、そのまま数秒間の等尺性収縮を起こすと非常に強烈な刺激が筋肉に加わります。

19

具体的には懸垂の腕を伸ばす動作、腕立て伏せの体を下ろす動作、スクワットの腰を下ろしていく動作などがネガティブにあたります。

12

等尺性収縮(アイソメトリック)が、筋肉の長さが一定であるのに対して、等速性収縮(アイソキネティック)は、筋肉の伸び縮みの速度が一定のもと力を発揮します。 なんといっても、GPSから電波を受信し、時刻を合わせてくれるのでいつでも正確な時刻が表示されます。

レップ数と使用重量を変えることによって、最高の効果が得られるようにする。 セット間に筋肉を最大限に収縮させた姿勢を3~6秒間保持する。

12

意識する筋や動作、心の準備をすることができるため、効率も高くなり、ケガの予防にも繋がります。 この時、筋肉は収縮していますが、 長さが等しくなり、動作は起こらないが、力を出している状態となります。

12

・重大な事故につながる危険性のある種目が多い ・疲労が溜まりやすいため効率があまり良くない ・効果を得るための動作が複雑な種目がある ・マシンなどの器具の入手・設置が困難 ・動作の速度を変えると負荷が変動しやすい ・動作の角度を変えると抵抗の向きがぶれやすい ・筋肉に最大負荷をかけることができない アイソトニックトレーニングは自由度が高い分、それに伴うデメリットがいくつかあります。 そのため、ポジティブ動作の方が先に限界がくるため、余力が残ってしまうことも。

11

組み立てといっても難しい作業では無く、テーブル台の裏にあるポッチに、付属の脚をスライドしてハメ込むだけ。 一般ランナーはほとんど必要のない運動強度です。