国会 議員 の 給与。 現役議員と秘書への取材で判明政治家のホントの給与とお手当「笑っちゃうぐらいオイシイ!」(FORZA STYLE)

一般の民間企業に勤めるサラリーマンの大卒初任給が20万円〜22万円と言われていますので、国会議員の「初任給」は一般の平均のおおよそ6倍にも及びます。

11

4人目からは全て国会議員の自腹で雇用することになります。 では、先進国だけではなく、後進国も含めて世界で一番国会議員の給与が高い国はどこだか分かりますか? 世界で一番お金を稼ぐ国会議員 実は、アフリカ西部にあるナイジェリアなのです。 国会議員の歳費が少なければ、国会議員を目指す人が激減し、立候補する人が減ってしまうだけでなく、汚職など金銭に関する問題が多発する恐れがあります。

1

一般的な会社員が額面給与そのままの手取りにならないのと、大まかな理屈的には同じです。

13

麻生大臣は税金で全てをまかなおうとしている 国債を発行してお金を供給するということを言うのはタブーになっている「お金を刷ってまかなう」というのはが何故かタブー。 今後、どういう結論がでるのかわかりませんが、 自分たちのことを調整するのに、検討を始めたといったアピールは不要ではないかなと思います。

以上の事情を鑑み、所得税法等からだいたいの手取り額を算出すると、国会議員の平均月額給与( 歳費月額の手取り)は、おおよそ 80万円〜99万円前後となっています。 基本給だけで見ると、各議院の議長の方が多くもらっているんですね。 歳費が高い理由 国会議員の歳費が高い理由として、以下のようなものがあります。

10

歳費の大半を政治団体に寄付し、寄附金控除を多額に受けて所得税を浮かせるといったこともあるそうです。 1位:日本• 恥ずかしい。

6

政治資金パーティー 国会議員は政治資金を集めるために政治資金パーティーを開催しています。

3