こ いけ けいこ 死亡。 45歳夫が急死…私達、これからどう生きていけばいいですか?(幻冬舎ゴールドオンライン)

死去から10カ月以内に申告・納税しなければなりません。

故人の出生からの戸籍 故人の親族がはっきり自身だけだと言い切れる場合は遺産相続に関しても特に問題なく進むことが多いですが、相続手続きをする際は戸籍によって相続人が誰であるかを判断するため相続人が自分一人だけだとしても、まずは故人の出生からの戸籍を取り寄せることが必要不可欠です。 届出人の署名は親族が行う必要がありますが、提出は必ずしも親族でなくて構いません。 役所で全ての手続きが済ませられるわけではないということは、念頭に入れておいた方が良いでしょう。

18

スケジュール管理をおこない死亡手続きをスムーズにおこなう 死亡手続きは、自身が暇な時にやれば良いというものではありません。

13

実際に亡くなられた後は想像以上に慌ただしく、冷静に物事を判断するのが難しくなります。 Q:死亡手続きをスムーズにおこなうために押さえるポイントは? A:死亡手続きはやることが多く、その数は細かいものも含めると100を超えると言われています。

16

また、手続きの仕損じがないようにするためにも、しっかりとスケジュール管理をしながら行うようにしましょう。 相続人は誰か 家族の中では、故人の遺産の相続人は当然誰かを把握しているかもしれませんが、遺言書によって故人が生前お世話になった人、懇意にしていた人、遠い血族の人などを相続人に指定している可能性もあります。

死亡手続きに関するチェックリストを作って管理する 先にも述べたように、死亡手続きに関する手続きは100を超えます。 また、急いで片づけなければいけない、見積りや作業に立ち合えない、予算に余裕が無いなどのご相談も可能です。

18

手続き期限には余裕がありますが、早めに以下の手続きをすると安心です。

1