山内 惠 介 スケジュール。 山内惠介、「演歌界のシークレットブーツ」異名をとる“天狗ぶり”に懸念の声

ファンが掲げる「おめでとう」「武道館、連れてきてくれてありがとう」などの横断幕をネタに会場を沸かせた後、「 言葉では言い表せないほど感謝の気持ちでいっぱいですが、僕は歌い手ですから今日は歌で感謝の思いを紡ぎたい」と語り、コンサート恒例の万歳三唱でファンと気持ちを一つにした。

2

あえて自分の中に武蔵の存在を意識することで、十把ひとからげの演歌歌手ではなく、必ず、その中から飛び抜けて、次のステップへ上がっていける存在になれる。 「 自分で言うのもなんですが、この頃から山内惠介の快進撃が始まりました」と語って場内を盛り上げ、 『つばめ返し』から 『恋する街角』、10万枚突破のヒットを記録した 『風蓮湖』、10周年記念曲第一弾の 『白樺の誓い』、第二弾でそれまでの演歌歌謡の殻を破るべくリリースし、自らが 「ターニングポイントとなった曲」と語る 『冬枯れのヴィオラ』を歌い上げた。 三井氏が山内と初めて会ったのは、ミレニアムイヤーに世界中が沸いた2000年。

3

そして、最後はロングヒットを続けている『残照』をフルコーラスで熱唱。 実際には、AKB48よりも多い握手会を開いたり、1枚1枚手売りをして行って今の知名度につながっているそうです。

お豆腐屋さんにならないように、真っ白いスケジュール表をいかに黒くするか。

8

山内惠介さんは、• 「 惠介には、『丸6年戦ってきて、今のままの状況ではダメなことはわかっているだろう。 全国縦断コンサートツアーは、毎年行われてます。 新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて、3月から予定されていたコンサートツアーが中止となった山内だが、10月6日の大阪・フェスティバルホールを皮切りに、全国5都市12公演でリサイタルを実施。

19

(山内が)生きてきた姿勢を見てきたから」というビデオメッセージが登場。

5