看護 過程 アセスメント。 成人看護学実習記録用紙ダウンロード

「現在の状況を表す現状」• このおじいさんにはほっておいたらなにが起こりそうでしょうか? わたしだったら、• 対象の状態を判断する方法 よくある、ゴードンの枠組み、ヘンダーソン理論などを使う場合、1人の対象を、部分的に判断していきます。

3

睡眠-休息 睡眠・休息・リラクゼーションは適切か 睡眠習慣・状態は適切か 休息・リラクゼーションは適切か 6. 訪問看護のアセスメントの4つの観点 訪問看護のアセスメントでは、以下の4つの観点から総合的にアセスメントしていきます。

ヘンダーソンの理論でアセスメントを行う時は、それぞれの基本的ニードが充足しているのか未充足しているのかどうかを考えることがポイントです。

15

呼吸音• 打診時に痛みを感じないか、硬さや打診音に異変がないかチェックします。

簡単ではありませんが、医療と生活をつなぐ橋渡し的存在として、訪問看護師に期待されるところです。

(1)生理的様式 身体の基本的な作用に基づくもので、 酸素、栄養、運動と休息、感覚、体液と電解質、内分泌などの機能が挙げられます。 アセスメントには「S」と「O」から導くみなさんの思考が表れています。 「呼吸」「気道系」などに変換があれば受容器活動にも影響して、呼吸困難の「発生」に関与していると考えられています。

15