フッ 化 水素 事故。 フッ酸ガス事故当時の映像を公開…過失が招いた惨事=韓国

消火を行う者の保護: 消火作業の際は、適切な空気呼吸器、化学用保護衣を着用する。 東京地方裁判所八王子支部判決、昭和58年2月24日、昭和57年(わ)第1222号、『業務上過失致死被告事件』、判例タイムズ678号60頁。 海上規制情報 船舶安全法の規定に従う。

その直後、女児は口から白煙のようなものと臙脂色の唾液を出し、「」と訴えて仰け反った(フッ化ナトリウムは本来無味無臭である)。

4

エチルベンゼン• 0000001184 00000 n h�T�M��0��� 0000002152 00000 n 0000008220 00000 n �[�s. 消火後も、大量の水を用いて十分に容器を冷却する。 プロパン (液化石油ガス(LPG、LPガス))• トリニトロトルエン (TNT)• 原因物質名 別名 CAS番号 SDS情報へ 災害事例 亜鉛• 15 標的臓器は骨、歯、下垂体、甲状腺、腎臓、神経系、肝臓、精巣、気管支と考えられた。

2

酢酸エチル• 訴訟費用は被告人の負担とする。 実は、フッ化水素を生産し管理してきた歴史は 100年以上にもなるのです。 敷地面積4060m 2で、年間生産量は約9000トン。

20

外部リンク [ ]• 屋外又は換気の良い区域でのみ使用すること。

10

主文 被告人を禁錮一年六月に処する。 経緯 [ ] (昭和57年)、八王子市内にあるの院長である歯科医師X(当時69歳)は、予防薬が少なくなったため、助手である妻Y(当時59歳)に注文するように依頼した。

11

加熱により容器が爆発するおそれがある。 、が治療時の容器などを分析した結果、フッ化水素酸が検出された。 ラウロラクタム -• 1,3-ブタジエン• メチルエチルケトン• これと関連し、ホース連結作業をしていた職員パクさん(24)がバランスを崩してバルブが開いたという推定が出てきている。

退社時、薬が塗られていることに気付かず履き替えたが、帰宅途中で足に違和感があったため病院に駆け込んだ。 今のところ外見にも痛みも特にない 0000255201 00000 n 0000253155 00000 n フッ酸運搬車両からフッ酸貯槽への移送作業時に噴出したフッ酸を吸入; 弗化炭素 (フッ化炭素) 75-73-0: 弗(フッ)化水素吸着装置の吸着材を交換する作業中、弗(フッ)化水素を吸引; 弗素 … 0000264858 00000 n 2007年、大阪のエキスポランドのアトラクションで悲惨な事故が起こりました。 15 アレルギー皮膚反応を起こすおこれ(区分1) 生殖細胞変異原性: 経世代変異原性試験なし、生殖細胞 in vivo 変異原性試験なし、体細胞 in vivo 変異原性試験(染色体異常試験)で陽性、生殖細胞 in vivo 遺伝毒性試験なし。

3

容器包装材料: 国連輸送法規で規定されている容器を使用する。

20