タティング レース。 タティングレースブリッジの編み方

レース用かぎ針 細かい部分の糸を引き出すときや、リングをつなぐときに使用します。 これで、シャトルに糸を結べました。

16

フランスでは「Frivolite」。 10回目の網目を左手で押さえて、右手の糸を最後まで引っ張り完成です。

7

・レース糸 レース糸は、その太さを20番、40番などの番号で表し、番号が大きくなるほど糸が細くなります。

11

編み目は右のままで引っ張ります。

19

タティングに慣れてきたら、同じシリーズでお花のブローチやパピヨンのブローチが作れるキットもあります。 慣れないうちは二本を軽く結んでおくとよいでしょう。

写真に吹き出しや矢印で、かなり細かな注意書きが添えられているのが、なかなか気がきいています。 どちらも使い方は基本的に一緒です。

12

複数の先生の作品が1冊で楽しめるので 自分の好みの先生探しや、サクっと作れる可愛いく小さな作品が好きな人におすすめの1冊です! しかも、今ならが、 『 30日間 無料体験中』なので『』 が無料で読めるのもポイント! さらに、マンガ・小説・雑誌・ビジネス書など、 1,200,000冊以上の本がいつでも読み放題、この機会をお見逃しなく! 5位. タティングシャトルが無くても編める!? 前述した編み方を理解すると、糸で結び目を付けることが出来ればタティングレースは編めることが分かります。 繰り返しのリズムから生み出される繊細な手仕事には、作り手を癒す力もあったのかもしれません。

2 左手(シォャトルを持たない手)に掛けた糸の輪にビーズを全部入れます。 エレガントな手芸として、古くからヨーロッパの貴婦人に愛されてきたタティングレース。

17

【洗濯ばさみを使う】 タティングシャトルと同じく、洗濯ばさみの中心部分に糸端を固定して、糸を巻き付けて使用します。 親指と人差し指の糸を少しだけゆるめて、シャトル側の糸に結び目を移動させましょう。 かぎ針編みレース、棒針編みレース、刺繍レース、タティングレース、フィレレースなどなど・・・。