おちょくる 方言。 近畿方言

転じて、癇癪。 でたらめ。 「 てえ」と伸ばすとやや甘えた表現になる(例:行ってえなあ・やあ)。

2

また「てやる」の強い言い方に「 てこます」があり、「行てこましたろか(=やっつけてやろうか)」のような喧嘩言葉や、「何もええこと無いし、もう寝てこまそ」のように自分の動作に諧謔性を込めるのに用いる。 岐阜県• 「だ」にはない活用形として、「であって」に近い過去中止形「 やって」がある(例:実家が貧乏やって、若い頃苦労したわ)。 「欲しけりゃくれてやる」のような自分から相手への動作に対して「くれる」は用いない。

8

これらの現象は、話者の母音の長短意識が曖昧であることに起因すると考えられる。 (例)くうた(食った) うすうて(薄くて)• 「おちょくる」は関西、特に大阪の常用句です。

14

すい・ すいい【酸い・酸いい】 - すっぱい。 」のように、一文に何度も登場させられるのが特徴的。

5

「埒があかぬ」の略。 京都で盛んな表現だが、それ以外の地域でも「ごめんやす(=ごめんなさい・ごめんください)」のように慣用表現で用いることは多かった。 関西弁関連の辞書によっては掲載されていない。

12

(例)せんど歩いてほっこりしたし(=くたびれたし)、お茶でも一服しょうか。 平板に読めば前者の、「さん」を下げて読めば後者の意味になる。 圏:、、、、、、• これがナニワ言葉では「おちょける」「ちょける」ですが、その変化形としての「おちょくる」「ちょくる」は、大阪・奈良・和歌山から、淡路島・徳島・香川へと広がっています。

「息」を動詞化したものか。

11

(例)柱がちょっといがんでへんか? 「ゆがむ」の転。 現状 [ ] 話者人口の多さや京阪神の文化力・経済力を背景に、近畿方言は依然有力な方言勢力である。 断定「や」との接続は「の・のん」は「やの・やのん」、「ん」は「なん」とする(例:ほんまやの? (例)ゆうとる(言っている) たのしゅうない(楽しくない)• 共通語「たこ」がに由来するのと同様、姿がに似ることに由来。