三浦 異臭。 関東で地震の発生相次ぐ。江戸から伝わる「前兆」現象は本当か?

しかも、1703年の元禄関東地震や、死者が10万人超に達した1923年の関東大震災など周期的に大地震を起こしてきた。 船が異臭を出しながら移動したかも海上保安庁が調べたが、分からなかったという。 しかしイソペンタン、ブタンなどは採取できたものの一部にすぎない。

7

「国も新型コロナ対策にばかり気を取られていないで、地震対策をもっとやるべきです」 前出・渡辺氏 酷暑も重なったら最悪だ。

9

2003年2月7日 大阪府南部一帯 ウェザーマップ ウェブマガジン「気象人」・気象ダイアリー2003年2月7日 金 この件については詳細が不明なのですが、当時の新聞も検索できる範囲で参照すると、大阪府南部で異臭騒ぎが発生し、16人が現在の堺市南区にある病院に搬送された模様です。

大凡の場合、放出されたガスは三浦半島方向に流れる。

15

また、異臭。 異臭の原因は硫黄系の物質 神奈川県環境科学センター調査研究部の坂本広美部長は「一つ考えられるのは硫黄系の物質になります。

「相模トラフは日本列島が乗る陸のプレートの下にフィリピン海プレートが沈み込み、さらにその下には太平洋プレートが沈み込む非常に複雑な地形をしている。 例えば、古くから言い伝えられているのが「水槽のナマズが騒ぐ」「カラスの鳴き声がいつもより多い」「ネズミが大移動する」といったもの。

11