エンジン 始動 時 異 音。 シエンタ エンジン始動時異音修理

そのため、『ガラガラ』と音がなってしまいます。 CVTのウィーンという異音の詳細については別の記事を参照ください。 多分VVT-iの異音と思われます。

18

もしもオルタネーターからの音で、このような音が鳴っている場合はオルタネーター内部のベアリングが痛んでいることが多いです。 つまり、 異音に大きな変化が見られない場合は、「とりあえずは」乗っていてもいいですよ、という意味です。 営業の電話もなく安心して車を売ることができます。

17

3)カムチェーンテンショナーの不良 エンジン始動時、もしくは始動後ほんの数秒、金属音打音のような「カラカラ」「ジャラジャ」「ガチャガチャ」と音がしたらカムチェーンテンショナーの不具合が原因の可能性があります。 この場合だとパワーステアリングのポンプが音の発生源かもしれないと推測することができます。 どちらの場合も汚れをしっかりと取り除きグリスアップをすることにより改善されます。

特に、交換した後暫くはトラブルが出易いと思います。 エンジンと、これらの補機関係の部品たちはベルトで繋がっています。 \愛車の相場・査定を無料で依頼/ セルモーターの不良 エンジンの『ガラガラ』という音はセルモーターの不具合が原因の可能性があります。

4

この事から、音の原因はゴムベルトがら出ていると予想できます。 この時期に起こり 易い不具合の中で、ゴム部品の硬化によるイヤな音です。 。

過走行車などエンジンのシリンダーが摩耗して隙間が大きい場合は、 粘度の高いエンジンオイルがおすすめです。 」 「そういえば車検(H28年9月)を受けてから、ちょくちょく発生するかな。

1

。 走行に大きな支障はないかもしれませんが、異音が大きくなったりした場合はすぐに整備工場で点検を受けましょう。 。

4