一方通行 レベル6 ss。 【一方通行SS】打ち止め「絶対能力進化実験? 最高だったよ! って(ry」

家事とか色々教わった」 木原くん「ほう。

再計算もできやしねェ) 一方通行(しかし、あの樹形図の設計者の計算が間違っていたとは……やっぱ、信じられねェな) 一方通行(あるいは、何者かの思惑があってのフェイクだったとか……なンてな。 ホストではなく、コンソール的な役割を担っていたわ」 芳川「妹達が反乱を起こしたときなんかに、その娘を通してミサカネットワーク全体に命令を出して、止めることができるのよ。 俺のせいで、あの実験を無駄にしちまったンだ。

ああいう娘が好みだったのね」 一方通行「馬鹿か、そンなンじゃねェよ」 芳川「冗談よ。 一方「なンだこれ」 打止「だから言ったでしょ、掲示板。

コチラに来てもらえるかい?」 アーカード「……ふむ」スッ 一方通行(なンだコイツ……つーか、なんつーカッコしてやがる) アーカード「面白い相手がいると聞いて来てみれば……なんだ、貧相な餓鬼が一人とはな」 一方通行「……あァ?」 木山「とりあえず、君はこのアーカードという男を殺してみたまえ」 一方通行「オイオイ……1秒で実験終了しちまうぞ。

19

少なくとも、記録くらいは残ってるだろォよ」 一方通行「最悪、お前が能力を使用して戦った場所から、直接採取するって手もある」 一方通行「他に可能性としては……そォだな、暗部づたいに、未元物質を利用した武器をお前に注文する、なンて手もあるかもなァ。 ・「妹達」2万人を殺す実験に協力する 【説明】一方通行の初登場は『とある魔術の禁書目録』10~14話。 むしろ、最後まで実験をやり遂げてくれたあなたには、感謝の気持ちしかないよ、ってミサカはミサカはあなたに本心を伝えてみたり!」 一方通行「……本当か?」 打ち止め「当たり前だよ! ってミサカはミサカは即答してみたり!」 打ち止め「あなたがあの実験でどれだけ苦労したかは、ミサカが一番よく知っている。

1

打ち止めも同じだろォな) 一方通行(不思議なもンだ。 948)「……師匠、オレは強くなる。 打ち止めは、この施設にいるわね」 一方通行「そォか、ありがとォよ」 芳川「……一応聞いておくけれど、何故彼女に会いにいくの?」 一方通行「少しばかり話をしに行くだけだ。

16

君が楽しそうでなによりだよ」 一方通行「おい!どーなってやがるンだコイツァ!!」 木山「私に聞くよりも彼に聞いたほうが早いと思うが……レベル6になれるのなら何だっていいだろう?」 一方通行「イヤ、まぁそうだけどよ……」 一方通行(コイツの戦闘力は不明だが、とりあえず脆いのは間違いねェ……が、ちょっと計算すっか) 一方通行(仮に1秒で一回殺せたとして、一日の時間は86400秒。 ・闇堕ち ・トラウマ持ち ・絶望からの再起 ・それでも大切な打ち止めや妹達(シスターズ)を守り続ける ・上条当麻というヒーローに憧れる 『とある一方通行』本編でも、他人への応対はたいてい不機嫌かスルー。 ならいいわ、いってらっしゃい。

お前のその手は奪うために有るんじゃねえ。

11

概要を表示 015:55 「二万体殺れば6なンだな」「ああ、二万体犯ればな」 1 : 以下、名. だが、今の俺には、その作業が楽しくて仕方がなかった。 9)「!」 木原くん「お前はもう跳ね返す能力は必要無ぇ……全て受け入れていいんだ」 木原くん「よかった……お前が反射出来ないおかげで俺はお前を触れ……る……」 一方通行(レベル1. そうでないと、意味がないからね」 一方通行「今は、どこにいる?」 芳川「妹達の全員が死亡したことで、それほど厳重に保管する必要もなくなって、どこかの施設に送られたはずよ……って……」 一方通行「なるほどなァ……」 芳川「……あなた、まさか会いにいく気?」 一方通行「あァ。

18