北 の 国 から 宮沢 りえ。 スペシャルドラマ『北の国から ’95秘密』(再見)のあらすじ・感想など

(2000年、日本テレビ系) - 宮園冴香 役• 第4話 東京から令子の友人でもある弁護士の本田がやってきた。 健康面に不安を感じるようになり、螢の強い勧めもあって精密検査を受けるがそのことで自分の死を意識するようになる。

17

現在蛍は母子家庭になっていますが、そもそもの 悲しみはここからきているような気がしてかわいそうです。

20

「'98」では無農薬農法に熱意を注ぎ、五郎を慕い教えを請う完次に目をかけていたが、疫病の発生と完次に対する草太の惨い仕打ち、完次の自殺未遂と夜逃げについて草太を責めることもなくじっと見守る。

6

いずれにせよ、彼女たちは『北の国から』で田中邦衛さんと共演することによって、女優として大きく飛躍したことは確かだ。 その他、、 などが候補に挙がったが、最終的には情けなさそうな人物の父親像ということで田中邦衛を抜擢した。

13

材木に足を挟まれて猛吹雪の中遭難。 純と同じ尾崎豊ファンの設定だった。 北の国からのルーツを探る物語。

5

人里離れた岐阜の現場で働いた後、栃木の現場に移る際に住所も知らせたことで螢は快を連れて正吉と暮らすことを選ぶ。 「'02遺言」では、五郎が廃品を利用して建てた家で暮らしており、夫の許しで成長した大介が富良野を訪ねるが、大介は不登校に陥り、口も聞かず、ようやく大介から出会い系で知り合った女性とメールで交際している事実を聞き出して五郎に相談し、五郎は大介に説得を試みるが、大介は五郎に悪態の限りを尽くし、その態度にみずえの病気で悩んでいた和夫が怒り、大介を殴り飛ばしたことで大介とは物別れとなってしまった。 れいは2年前に離婚して銀座のバーにつとめている。

17