井上 動物 病院。 ブルーミントン動物病院|アニマルコミュニケーター 井上妙子さん

チェリーは今、すごく忙しく充実した日々を過ごしているとのことです。 当院は、ささいなことでも気軽にご来院いただけるよう、再診料はいただいておりません。 また、あわせて当HPのフィラリア予防薬の、健康コラム「」を改訂しました。

また正面にパネルの看板を設置しました。

最後の夜に食べた食用ほうずきは珍しいものだったので思わず口にしてみて、おいしくておもしろかったそうです。 玉原 智史院長• チェリーは予定どおり生まれてきたのです。

大きな病気も兆候を早く見つけられれば、 悪化を防げる可能性があります。 苦しんだり辛い日々を過ごすことなく最期まで生きることができたので、魂が傷つかなかった。 詳細は。

そして、そのあと大発表がありました。

人とも動物とも向き合う獣医師として、当院では開院以来ずっと人にも動物にも優しい医療をめざしてきました。

混雑する時間帯の詳細は。

2

急に涼しくなってましりました。 NEW 川越市「アリス動物病院」は地域とともに発展してきた病院だ。

2

こちらもあわせてご覧ください• と思うのです。 自分が認識しているよりもずっと、ちゃんと大人になってくれていたんだと気づかされたりしています。 アドバイスや叱咤激励、とてもうざぎさんの言葉とは思えない内容でした。

18