冷血 公爵 の 心変わり 韓国。 冷血公爵の心変わり【第80話】のネタバレ・感想!

詳しいネタバレは控えておきますが、この物語の本当の主人公はエルインではなく、ロアンだという点がなるほどそうだったんだと納得させられます。 ついには公爵の腕をつかんで迫るレディー・パラダインに、 公爵は 「やめろ!」と強い口調で振りほどき、 十分な対価は支払ったし、最後の礼儀としてこの場にいるのだと突き放すのでした。

9

そうなったのはエルインの媒介としての力が強く魔法が働いてしまったと考えられていますが、過去エルインは一つだけ願いを叶えていません。

こうして少しずつお互いに遠慮がなくなっていく二人。 ロアン公爵「本当に殺すべきなのは、この女ではなく、余自身ではないのか?」 自分の本心に近づく中、現在の自分とエルインが向かい合う光景に変わるものの、エルインの方が何かに引っ張られているかのように離れていきます。 そして、この魔法はまだ不完全なもので、まだ進行中であるとも言われます。

17

以上が大まかなネタバレですかね。

18

だからエルインに愛されるようなセイという人格が誕生しました。

12

エルインが未来でロアンに殺されてしまうかもしれない未来を変える為にソフィアはロアンの願いにある追加をかけます。 3巻で完結ですが、ロアンが回帰したことで記憶が完全にある自分と違いエルインは過去の記憶が全くないから片思い期間の切ない時間が暫し続くのが切ないんですよ。 瞳の色がピンク色だったことから「ピンクアイ」と名付けられた。

8

。 (42~47話:公爵恋心を自覚、エルインの好みのタイプであるもう一人の自分に嫉妬) (48~52話:公爵領視察、二人ずっとくっついてる。 ロアンの願いが叶う事によって魔法は完成しているかのように見えますが実は魔法にはエルインの願いも含まれていたのでした。

16