台湾 渡航 制限。 台湾の渡航安全情報・入国制限状況

617指定国・地域」に追加すると発表。 友人訪問 結婚式出席 スポーツ観戦 コンサートや公演の鑑賞 伝統行事などへの参加 実施日:2020年6月22日 就学目的の入境再開は教育部が別途発表 訪台事由が「就学」(中国語学習も含む)の場合には、教育部が特例として管理します。

3

ビジネス目的の台湾から日本への入国」をご覧ください)。 お昼休みは休憩スペースで。

5

また、例えば、職業の目的で渡航する者は、雇用主による確認書や納品書、アポイントメントの確認書等、業務を証明するものを示すことが求められており、業務の予定が3日間しかないにも関わらず数週間の滞在を行うことは認められないとされている。 2021年1月26日からは、空路での入国時に、アメリカ行きフライト出発前3日以内に取得した新型コロナウイルス陰性証明書を提出することを義務づけています。 2021年1月14日以降、過去14日以内にイギリスに滞在歴のある外国人には、「特段の事情」がない限り上陸を拒否という措置がとられています。

2

また、石油関係者以外の外国企業の人員については個別に判断がなされる。 この場合、身体所見により強制入院が必要と判断される場合を除き、自己隔離義務は免除される。

20

エ 11歳以下の子供については、上記ア~ウの全ての措置は免除される。 森林ギニア地方においてエボラ出血熱対応を行う人道支援関係者に対しては、エボラウイルス及び新型コロナウイルスのワクチン接種が推奨されている。

なお、盗難の被害品が財布だった場合、その中にあったクレジットカードを不正に利用されたという事例があることから、クレジットカードの利用停止の手続を早急に行って二次被害を防ぐようにしてください。 (地下鉄の車両内で飲食すること、ガムや檳榔(ビンロウ:噛みタバコのような物)を噛むこと等が法令で禁止されており、違反者に罰金が科せられることがありますので注意してください。 ただし、6月1日から非定期商用便またはチャーター便によってインドへ渡航する商用及び就労目的の外国人の入国を許可しています。

11月 18日、台湾の衛生福利部疾病管制署は、新型コロナウイルスの世界的な感染状況が悪化に伴い、秋冬期間中の新型コロナウイルス対策の強化を発表しました。

)であっても、ジョージアの官公庁・企業からの招へいに基づくビジネス出張目的での入国及び180日以上の長期滞在予定のリモートワーク目的の入国は、事前に政府が運営する新型コロナウイルス対策特別ウェブサイト(StopCov. 旅券を紛失した場合、台湾当局への届出に加え、どうしても急ぎ帰国の必要がある場合には、「帰国のための渡航書」の申請が必要となります。 エ 詐欺・恐喝 日本人がいわゆるマッチングアプリを使って女性からLINEの連絡先を教えてもらった後、その女性から「会いたいならばお金を払ってほしい」などと言われたり、待ち合わせの場所に行ったがその女性とは会えず、「お前は既に我々に監視されており、俺らの女の子と会いたければお金を払え」などと脅されたりして、相手の言うままにプリペイドカードを購入して高額なお金を払ったという事例があります。 ・PCR検査及びRDT(迅速診断)検査を同時に受ける。

1

2020年6月25日から桃園空港でのトランジットを条件付き(同一航空グループの乗り継ぎで、空港滞在が8時間以内)で再開した。 <入境後14日間の「在宅検疫」措置概要()> 【主管部門】 地方政府民政局/里長及び里幹事 【管理方法】 ・主管機関が「旅客入境健康声明及び在宅検疫通知書」を発行 ・里長若しくは里幹事が14日間の健康確認のため,毎日1-2回電話で健康状態を確認,健康確認表を記録 ・ 検疫期間中,自宅若しくは指定の場所に待機し,外出禁止,出境禁止(日本へ帰国できません),公共交通機関使用禁止 ・症状のある者は指定医療機関へ送り検査を行い,衛生主管機関は主体的にモニタリングを開始 ・「在宅検疫」期間終了後,引き続き,7日間の「自主健康管理」を実施(衛生福利部疾病管制署によれば,「在宅検疫」期間終了前に対象者に対しショートメッセージで通知するとのこと) 【罰則等】 同措置の違反者は,伝染病防治法第58条及び厳重特殊伝染性肺炎防治及び救済振興特別条例第15条第2項に基づき,10万元以上100万元以下の罰金を科されるほか、集中隔離施設に強制隔離され,さらに防疫補償を受けられず,必要経費が徴収される。 RT-PCR法による検査を最初の出発地の空港出発前72時間以内に受け、サモア到着時に紙で提示しなければならない。

10