ナルト うずまき 一族。 【ナルト】木の葉の里の主な一族を徹底紹介!!

包帯で隠している右目には、うちはシスイから奪った万華鏡写輪眼を持ち、その瞳術によって他人を操ることができるが、その特性から乱用は不可能となっていた。

5

忍連合軍の結成後は、ナルトを隔離するため雲隠れの孤島・島亀でナルトの世話役を務め、その際にはガイに倒された鬼鮫の情報を一部読み取ることに成功した。 後輩のアスマからは慕われており、ダンとも交流が深かった模様。 (ナルトをかばった致命傷でそうなったが、なぜネジなのか?レギュラーキャラで悲しみを演出したいのなら、ほかのキャラでもよいのでは?キバ、シノあたりの同期と消去法で選ばれたのか!?宗家との和解で分家の日向は役割を終えたのか!?) 【祖父】日向の長老、【父】日向ヒザシ、【伯父】日向ヒアシ、【従妹】日向ヒナタ、日向ハナビ、【従甥・従姪】うずまきボルト、うずまきヒマワリ、【従妹の夫】うずまきナルト 【師】マイトガイ、【先輩】猿飛アスマ、はたけカカシ、夕日紅、シズネ、森乃イビキ、並足ライドウ、山城アオバ、不知火ゲンマ、エビス、はがねコテツ、神月イズモ、みたらしアンコ、月光ハヤテ【同期】犬塚キバ、油女シノ、うずまきナルト、うちはサスケ、春野サクラ. またそれぞれ上位互換の眼があり、それは「万華鏡写輪眼と転生眼」。

6

だが、今度はオビトを黒ゼツを使って操り、輪廻天生の術で完全復活したマダラが立ちはだかる。 「人柱力だから色々大変だったけど、父ちゃんも母ちゃんも恨んだことなんてねえ!」「父ちゃんと母ちゃんの子どもでよかった!」この言葉がどれほど救いだっただろう……最後に立派に成長したナルトに会えてよかったね。 第四次忍界大戦では第5部隊に配属され、10万体のゼツと交戦した。

木ノ葉流剣術の使い手であり、「影分身」と併用した「三日月の舞」を使う。 多くの油目一族が素顔をほとんどさらさないような恰好をしているのも特徴の一つです。 彼もナルトと同様に、幼い頃は何をやっても上手くいかなかったが、仲間たちの力を借り、自身もを続け、後にその秘めたる資質を開花させたという。

そして忍界への未来と、その答えを託されて元の状態へと戻り、ペインと再度交戦。 最近の話の流れ的にラストは全員生き返る大団円になりそうな気がするんだ -- 名無しさん 2013-07-26 21:34:11• ある日の修行中に動物との契約の無い状態で口寄せを発動してしまったために、逆に自身が口寄せされる形で蝦蟇の里・妙木山に迷い込んでしまい、そこで出会った蝦蟇たちの下で数年の間仙術の修行を受けて仙人モードを会得した。

カカシの素顔を見た数少ない人物。

18

9kg 15~17歳 好きな食べ物 の、 嫌いな食べ物 生 趣味 イタズラ、の水やり CV 、(「おいろけの術」使用時) 人物像だってばよ 本作の。

15