払拭 意味。 「払拭」とは?意味を中心に語源・類語・使い方などを詳しく解説

ここでは不信感を覚えるシーンを紹介します。 「懸念」の使い方 「懸念」は将来起こる恐れがある出来事に対して心配をする場合に使う 「懸念」は、何らかの問題に対して心配事が生じた場合に使う言葉です。 このように、 「払」と「拭」を組み合わせることによって「取り除く」という意味を持つようになりました。

容器の底を拭ったりはたいたりして、中身をすっかり出し切ることからできた言葉です。

1

「払いのける」という意味の「払」と、「汚れを拭く」という意味の「拭」を合わせた言葉で、汚れなどをぬぐい去るや、除き去ってきれいにするといったことを表します。 彼女に対する不信感を払拭しきれない。

2

この建物は従来の施設のイメージを払拭しようと建設された。 すっかり払いのけること」 「払拭」も「一掃」もほぼ同じ意味ですが、「払拭」は不信感や不安などと精神的によくないものを取り除くという場合に使うことが多いです。

4

一掃(残らず払いのけること)• 一方で 「払拭」という言葉を、今回初めて知ったと言う人もいるでしょう。 この記事では、払拭の意味や使い方について紹介します。 いつもは無口で話しかけてこない相手が、いきなりニコニコ優しく話しかけてきたら「何か裏があるのではないか」と不信感を持ってしまいますよね。

忍海は「まよひぬる心の外に道もなし」と念仏して帰るよう助言した。

では、不信感とはどのようなときに感じるのでしょうか。

5

こちらも例文で使い方を確認しておきましょう。 不信感の元凶が会社で立場が上の人間の場合は、情報をもう少し集め、ほかにも物申したい参加者がいないかチェックしましょう。

9