ヨルシカ 春 泥棒。 ヨルシカ、新曲「春泥棒」を配信 前作ストーリーと繋がる全編CGMVも公開

昨日と変わらず、あるいは散りゆき少しだけ寂しくなった桜の花に、主人公は命を想います。 どうせならその桜も何かに見立てた方がいい。

」 という解釈にもできます。 そして、ペンケースが横に置いてあります。

20

桜吹雪と花火が背景でよく描かれます。 月並みだが命にしよう。

16

全部、桜のせいだ。 MV内の特徴は顔が見えない、MV自体が 彼女視点で進行していくというもの。

3

盗作に一緒に同梱されていた小説には、男性には妻がいた設定になっているので、夫婦あるいは、恋人という解釈ができます。

15

それでは初めに全体像をみていきます。

「あと少し……もう少し」と、 愛しい人との別れを惜しむように、桜を見上げているのでしょう。

17

あれを桜に見立てて曲を書こう。 その意味でも、「春泥棒」で描かれている春の情景は思い出の中の景色であるといえるでしょう。 ) そして、場面が反転して桜の下に立つ二人が出てきて、 彼女が消えます。