真竹 孟宗竹 強度。 孟宗竹・真竹・破竹の見分け方(たけのこ含む)

一般處理有水煮,上保護層或薰燒,加熱乾燥等,但為保持材質原有特性,處理時要注意安全和品管。

15

我們到霧台原住民博物館中,可看到不同族群運用竹在生活上的情形。 収穫するとすぐにえぐみが出はじめるのでなるべく早く茹でるのが良いです。

10

とくに9月から11月の時期になると、竹の長い管のような幹は水揚げ(水分を植物が吸い込むこと)をしなくなるからです。 収穫したらアクも抜かずに味噌汁へ投入。 唐讓雷在《竹材之強度性質》研究臺灣6種重要竹材,指出比重與竹稈部位、竹齡、立地條件、竹種等因子有關。

7

歷史資料 圖二、早期漢移民使用竹製作太師桌椅,拍攝於南投縣鹿谷小半天 也聽原住民朋友說,過去原住民在山間移動,如發現不錯居住地點,便會種上竹子,等約三年後竹林長成,便可遷移到此處用竹子開始建設家園,從房子到生活用品都可以靠竹子完成。

16

煮物でいただきましたが、とっても美味しかったのでもう一袋購入すればよかったなと思いましたね。

3

資料來源:國立台灣工藝研究發展中心 台南關廟的竹產品多為竹編,極盛時,在竹編者的巧手中編出許多生活上的用品,外銷歐美,其中莫永崇先生1976年離開關廟的臺灣手工業推廣中心,專心經營竹編外銷事業。 因此台灣竹產業也逐漸消失,從事竹產業的人也因此流失,只留下多數原本就是以傳統手製竹工藝品為主的工藝師及少數竹加工業者。 しかし、この噂には科学的根拠はなく、満月であれ新月であれ、成分の変化はないとの実験結果が出ているともいわれています。

18

阿生伯擔心後代的人不明白,因此在製作迷你版的農具,不只著重外觀還講究實用,每個器具都是根據真實器物打造縮小比例,即便是一磚一瓦,也都是阿生伯親手堆砌而成。 孟宗竹は節の輪が1本だけです、これが大きな特徴です、 そして若い時は白い粉がつきます。

5

此種發展趨勢與林木直幹分布呈極大差異,一般林木隨樹高增加而強度或比重呈下降變化。 真竹の竹の子は、掘り出してすぐは美味しく生食でも美味しい、 ですが、時間がたつとエグ味があり、あく抜きが必要です。 竹材收縮異方性以弦向收縮率最大、徑向次之、軸向最低,此與木材相似。

19