五 等 分 の 花嫁 エロ い。 五等分の花嫁 122最終話感想 そしてフィナーレへ|夜光管理人|note

そして、四葉の気持ちが判明した時点で、僕は完全に四葉を応援したい、四葉に何がなんでも報われてほしいと思うようになりました(笑) 風太郎は、いつから? そこで、風太郎は一体どこで四葉を恋愛対象として意識したのか。 原作では明かされなかった部分を、アニメで明かしてくれたりしたら、それも嬉しいですね。 これが五等分の花嫁という作品を楽しむ上での楽しみのひとつであり、Twitterをはじめとして、大きく盛り上がっていました。

原作は終わりましたけど、アニメの二期は10月から始まるということで、五等分の花嫁という作品はまだまだ終わりを迎えません。 ブログ考察勢は一花好きが多い印象を受けました 二乃 個人的に二乃は終盤に来てグッと親しみを感じてました。

2

一花は優しさと思いやりを持った素敵で魅力あるヒロインです。

13

こうやって思い返してみると五月は妹的な可愛さもありますね、五等分の花嫁における1番の愛されキャラヒロインです 四葉 私は四葉推しでした笑 五等分の花嫁の作中において明るく、可愛く、時にもどかしい、そして過去の幼きヒロインとして風太郎と出会い、五等分の花嫁となり私自身をも魅了したヒロインです。 僕も毎回新しい話を読み終わるたびに、Twitterでファンの皆さんの考察を見るのがとても楽しみでした。

15

作中では、結局最後まで四葉が過去に風太郎にあったとがある(京都のあの子)のが私だとカミングアウトするシーンは描かれなかったんですよね。 過去に風太郎とすでに会ったことがある(風太郎にとって初恋?の人)とか、四葉の風太郎に対する気持ちだけずっと描かれていなくて、どっちなんだろうって感じだったんですが、満を持して、ずっと好きだったということが明かされるなど、とにかく四葉に関してはひとり特別な強いポジションにいたというのが読んでいて伝わってくるシーンが多々ありました。 作者の春場ねぎ先生には最高の感謝とお礼を送り、また素敵な作品を期待したいと思います。

19

なんとなく五月がセンターポジションというか、正統なヒロインっぽい感じがしたので、五月なのかなあとかなんとなく思ったりもしましたし、一花推しとしては、一花に報われてほしいというような気持ちもありました。

。 。

10

。 。

18

。 。

17