民事 裁判 流れ。 ブログ

7か月などとなっています。 例えば、お金を貸したので返してほしいという裁判は、貸主側の住所地を管轄する裁判所で手続きを進めることができます。

民間人同士のお金などに関するトラブルはすべて民事裁判によって解決する必要があるので、まずは理解しておきましょう。 被害者が加害者に罪を与えてほしい場合には、刑事告訴などをして、検察官に加害者を起訴するように要求する必要があります。

9

一方、 法的な問題以外は審理の対象から外れます。 意外と短いと感じられる方もいれば、やっぱり裁判は長いと感じられる方もいらっしゃるかもしれませんね。

11

たとえば、物を買ったから引き渡して欲しい、貸したお金を返して欲しい、家を貸したのに家賃を払ってくれないから出ていってほしい、といった事件を扱います。 民事訴訟の種類 裁判所のHPを見てみると、民事訴訟は次の4種類があります。 逆に、答弁書さえ提出しておけば、欠席しても、「答弁書のとおり陳述します」と法廷で発言したのと同じ扱いを受けられます。

6

被告席が右側にあります。

7

ないものを差し押さえはできないのです。 民事裁判の判決で負けた場合 民事裁判の判決で負けた場合、判決の内容に従う義務があります。

20