高 濃度 アルコール 容器。 【特集】消毒用アルコールに引火する温度を実測してみました。

消毒液を「ペットボトル」に入れてもいい? ダメもとで、聞いてみました。 100均で売られている多くの詰め替え用のボトルやスプレーボトルは、PETと書かれています。

DOVER社は、下記のような問答を掲示しています。 「市販の容器に詰め替えて使用できますか。

8

同じ空間除菌剤でも、ファブリーズの容器はPETでした。

4

ペットボトルは20%以上の濃度のアルコールでエステル交換反応。 イソプロピルアルコールはプラスチックには使わないで! 手の消毒用アルコールでおなじみの 「イソプロピルアルコール」は、プラスチックに使うことはオススメできません。

17

現在、プラスチック容器の材質や素材に使われている、プラスチックには5種類あります。 今回、弊社で製造している 高濃度アルコール や 消毒用エタノール は、厚生労働省の特例措置や国税庁の法規制のもとで「消毒用エタノールの代替品として差し支えないもの」として、販売している消毒用製品、ということになりますね。 。

9

今後も事態に応じて、可能な限り高濃度アルコール商品の販売に注力してまいりますが、限定的な数量の生産、販売となりますので、ご理解いただきますようお願い申し上げます。 PS(ポリスチレン) この中で、 アルコールを入れても変質しない素材はPE(ポリエチレン)とPP(ポリプロピレン)になります。

8

」 ここで言われている「容器が溶解や破損するもの」ってどんなものなんでしょうか?そもそもアルコールを入れることを想定せずに作られたものでしょうか? 百均で売っているようなスプレーボトルなどの容器は、これに該当しますか? 専用の容器に入れてってドーバーが書くのは、責任問題になりますから、PL法としてそのように書かないとまずいからです。

2