メントス コーラ 仕組み。 【真似しちゃダメ!】コーラにメントスをいれると・・・

3:実は小学生の時にみんなやっている 実はこのメントスとコーラと同じような実験を、皆さん小学校の頃に行っています。

炭酸飲料の泡はもともと二酸化炭素なので、それがさらに発生したということになります。

16

投稿すればある一定数の再生回数は取れるので、こちらで採算が取れているのでしょう。

PhotoshopやPremiere Proが快適動作、正確な色が再現できる高色域ディスプレーを採用• コーラには二酸化炭素が入っていますが、炭酸があればいいというわけじゃなく他の成分も重要です。

9

2008年、メントスコーラはアメリカの物理学会で 論文として発表されるほどに大きな議論を巻き起こしました[2][3]。 ぜひご覧ください。 ビールの炭酸はすぐには消え去ってしまいますが、納豆のねばねばによって消えにくくなり、それが蓄積されることで、メントスコーラのように噴出してしまうようです。

15

ブドウ糖が溶けるのは吸熱反応であり、こちらのラムネもひんやりとします。 この二つが炭酸飲料に入ることで水に溶けだし、界面活性剤として働くのです。 実際に実験した人がいるので本当に大丈夫ですがメントスを何個も丸のみする人もあまりいないとは思いますが・・・ しかしヒカキンさんの実験では窒息する可能性はゼロではないですね。

6

つまり、圧力が高ければ高いほど、溶ける量は多くなるということです。 いかに一瞬で数個入れられるかにかかっています。 最初に見た時は衝撃でした。

7

コーラなどの炭酸飲料にメントスを入れると勢いよく泡が吹き出す現象の事です。

12

1.炭酸飲料 炭酸飲料は、水にたくさんの二酸化炭素を溶かすことで作られています。 他にもご家庭にある色々なものを入れてみて泡が出るのか予想して実験してみたり、泡が出るまでに時間をはかってみたり、どれくらいの勢いで泡が出たのかなどを観察してみたりすると面白いです。

15