回転 寿司 コロナ 対策。 スシロー、回転寿司業界で独走。新型コロナでも「回転レーン継続」

寿司レーンのさらに向こう側には我々家族がいるわけです。 これらの非接触サービスを導入することによって、スタッフが食事後の後片付けや困っているお客様への接客に割く時間が増え、お客様の利便性、回転率を上げ、待ち時間の減少にもつながると考えています。 お客様、及び従業員の安全安心の為、必要と存じますのでご理解お願い申し上げます。

コロナ禍でも回復基調:スシロー・くら寿司の対コロナ戦略 🤲 回転寿司の良いところは、安くて早いこと。

スシローは店舗設備で工夫しにくい分(店舗の仕組み関連の特許はくら寿司が大半を保有しています)、「寿司そのものの魅力」の維持・拡張にかなりの労力を割いていることがうかがえる事例がいくつか見つかりました。

13

店長に本部の苦情窓口を尋ねましたが「ホームページからどうぞ」といった軽い対応でした。 また、注文はタッチパネルで行いますが、さらに接触を避けたい人は表示されているQRコードを読み込むことで、自身のスマートフォンからも注文できます。 は、身近な企業を題材にして、企業の状況の調べ方・見極め方を解説します。

14

コロナで落ちた売上をどうにかしたい。 本商品は新宿・渋谷の都心店舗でも販売されますが、くら寿司=「子連れのファミリーで行く所」という固定イメージを払拭する、回転寿司チェーンでは初となる「キッズメニュー」ならぬ「大人メニュー」として、より多様なお客様にご来店いただけるよう開発しました。

11

スシローがこのような営業利益率の高さを維持している背景には、徹底的なコスト管理を可能とした 「回転すし総合管理システム」の導入があるようです。

17