心理 的 瑕疵 と は。 心理的瑕疵物件とはどういう物件?読み方や見分け方も徹底解説!

発生からの経過年数 例えば自殺が発生した場合、賃貸であれば3年程度、売買であれば6年程度経過するまでは告知義務が必要であると考えられます。 その後、1年半は平和に暮らした。

1

注意点4.ストレスで健康に害があることも 心理的瑕疵物件に住むことで強いストレスを感じ、体調を崩す可能性がありますので注意してください。 ギブアップして、2か月で部屋を出た。

4

しかし先ほども申しましたが、売り手である不動産会社がたとえ孤独死があった住宅でも心理的瑕疵はないと判断していれば告知されることはありませんので注意してください。 最期は病院でした。 また、心理的瑕疵と捉える基準には個人差があり、案件ごとのあらゆる要素を総合的に鑑みる必要があります。

18

そんなことが何度もありました。 室内を清掃やリフォームしてキレイだとしても、「この部屋が残虐な殺人事件の現場になった」と思うと、どうしても抵抗感が生まれます。 「心霊現象があった」「普通に暮らせて満足」など、人によって感じ方は180度違うようです。

15

404• 実は、不動産にも実使用上には問題が無い…はずの物件があります。 まずは不動産会社に問い合わせ、その「重要事項」を確認しましょう。

15

駅近で注目されているエリアなのに周辺相場より2割〜3割安い• 人は亡くなると、すぐに火葬を行い腐敗を防ぎますが、孤独死の場合は発見されず、長時間放置され遺体の腐敗により建物に大きなダメージとなります。 これらの場合に対し、たとえば、自然死してすぐに発見された場合や、入居者が通勤中に事故に遭って死亡した場合、物件内で体調が悪くなって病院に運ばれて、搬送先で死亡した場合などには告知義務は発生しません。

2

周辺で事故事件があった場合 室内で事故や事件があった場合は心理的瑕疵物件となる。 具体的には以下のようなものが心理的瑕疵物件になります・• また、孤独死ということですので、当然早期に発見される可能性は低いですので、死後時間の経過した分だけ不動産に対する買主の嫌悪感は大きくなります。 通常不動産の売買には不動産仲介業者が調査を行いますのでその際に瑕疵は発見されます。

近隣住民に聞き込みをする• なお、心理的瑕疵は法律用語ではなく、裁判では「心理的欠陥」と表現されることが多い。 焼死 例えば、マンションなどの火災の場合には、中の人が逃げ遅れて死亡する場合もゼロではありません。 心理的瑕疵物件に当てはまるケース 法的に明確な区分はありませんが、以下の例のような物件は心理的瑕疵物件として扱われる場合がほとんどです。

6

3.心理的瑕疵物件の告知義務は必要ない!? 心理的瑕疵物件であっても、 不動産会社には告知義務があります。 岡山県• ただ、実際上は、トラブルを招かないように、売主、賃貸人に対し、説明をすることについて同意を得ておくことが無難です。