相応 を 含む 四 字 熟語。 【あまり知られてない】意味や字面が超絶かっこいい四字熟語50選|横断幕・懸垂幕キング|株式会社イタミアート

張三李四 (ちょうさんりし) ごくありふれた平凡な人のこと。

2

励ましたり、褒めたり• 『四字熟語の百科事典』は、 小学校で習う簡単な四字熟語から 漢字検定1級に出題されるような非常に難易度が高い四字熟語までを、小学生や中学生でも簡単に分かるように解説しているサイトです。 したがって、全体では一四二か所に「一」が登場することになります。

16

「相」を含む4字熟語や名詞など:漢字書き順 筆順 調べ無料辞典 天の川の対岸同士にいる織姫と彦星の状態を考えてみるといいでしょう。 これは、クイズとして成立するでしょう。

1

転じて、反響が大きいこと・大事件を指す 疾風迅雷 しっぷうじんらい 風のように素早く、雷のように激しい様子 電光石火 でんこうせっか ほんの一瞬の間の動きが素早いこと 破竹之勢 はちくのいきおい 竹が一気に割れるさまから、止めることができないぐらい勢いの激しいさま 訓読:破竹の勢い(はちくのいきおい) 勇往邁進 ゆうおうまいしん 困難に恐れることなく、目標に向かって一気に進むこと 四字熟語 意味 意気軒昂 いちいふんとう 奮い立って、ひとつのことに集中して物事に取り組むこと 一念発起 いちねんほっき ある物事を成し遂げるために、努力や行動を起こす決心をすること 感奮興起 かんぷんこうき 言葉や物事に心を動かされ、感銘を受けて奮い立つこと 勤倹力行 きんけんりっこう 慎ましく仕事に励みながら、努力を重ねること 蛍雪之功 けいせつのこう 貧しい中、蛍の光を灯りにして勉学に励んだことから転じて、苦しさに負けず勉学に励むことを指す 訓読:蛍雪の功(けいせつのこう) 水滴石穿 すいてきせきせん 水滴が長い時間をかけて石に穴を開けることから、こつこつと小さな努力を積み重ねて、大きな成果をあげること 訓読:水滴りて石を穿つ(みずしたたりていしをうがつ) 切磋琢磨 せっさたくま 学問やスポーツなど、目標を共にするライバル同士がしのぎを削ること 粉骨砕身 ふんこつさいしん 身を粉にするぐらいの努力で、骨身を惜しまず仕事や勉強に励むこと 磨励自彊 まれいじきょう 自ら進んで、大いに修行に励み努力すること 粒粒辛苦 りゅうりゅうしんく 米の一粒一粒を農民が苦労して実らせるように、人生において苦労を重ねながら努力すること 四字熟語 意味 一意専心 いちいせんしん 他のことに心を奪われることなく、一つのことに心血を注ぐこと 訓読:意を一にし心を専らにす いをいつにしこころをもっぱらにす 外柔内剛 がいじゅうないごう 見かけは柔和に見えるが、内面は意志が強く頑固である人 臥薪嘗胆 がしんしょうたん 復讐を果たすために薪の上に寝て動物の苦い肝を嘗めるほどの苦難に耐えたことから、目的を果たすために苦労をいとわないこと 九死一生 きゅうしいっしょう 生き残る見込みがほとんどない状態から命を得るということから転じて、生命を投げ出すほどの決死の覚悟で物事にとりかかること 乾坤一擲 けんこんいってき 運を天に任せる覚悟で、人生の大勝負に挑むこと. 生きる指針• 四苦八苦 (しくはっく) とても苦労をすること。 四衢八街の類語 四通八達(しつうはったつ)• 四方八方 (しほうはっぽう) 周囲の全て、あらゆる方向 四方八方の類語 東西南北(とうざいなんぼく)• 四弘誓願 (しぐせいがん) 全ての仏や菩薩の持つ四つの願い。 四字熟語 意味 意気軒昂 いきけんこう 気持ちが昂って盛んである様子 意気衝天 いきしょうてん 天を突きあげるほど、意気込みが盛んであること 訓読:意気天を衝く(いきてんをつく) 一気呵成 いっきかせい 文章を一息で完成させること。

転じて、人並み外れた能力や経験があること 威風堂々 いふうどうどう 態度や人格が、堂々としていて威厳があること 快刀乱麻 かいとうらんま もつれた糸を勢いよくスパッと断ち切ることから、転じて無理難題を鮮やかに解決すること 訓読:快刀、乱麻を断つ 旭日昇天 きょくじつしょうてん 朝日が勢いよく昇るように、きわめて勢いが強いさま 捲土重来 けんどちょうらい 一度失敗して衰えていた者が、再び勢いを取り戻し、巻き返すこと 獅子奮迅 ししふんじん 獰猛な獅子が暴れように、激しく奮い立って動き回るさま 新進気鋭 しんしんきえい いろいろな分野において新しく現れた、勢いや活気に溢れ、将来性のある人やその様子 震天動地 しんてんどうち 大地を揺るがすぐらい、音や威力が大きいさま。 まさに大活躍です。 ま行のキーワード• 四塞之国 (しそくのくに) 四方を山や川などの自然に囲まれ、外部の攻撃から守りやすい国のこと。

1

四書五経 (ししょごきょう) 儒教の基本とされる書物で経典として尊ばれたもの。

16