åš˛æ”¯ 順į•Ē。 åš˛æ”¯ãŽé †į•Ē。えīŧŸã‚ãŽčŠąãŒį”ąæĨじゃãĒいぎīŧŸįœŸį›¸ã‚’čĒŋずãĻãŋた

でも、 おぎようãĢしãĻ、æŧĸ字ãĢ動į‰ŠãŸãĄãŒåŊ“ãĻはめられたぎでしょうかīŧŸ そぎいきさつは、 「十äēŒæ”¯ãŽį‰ŠčĒžã€ãĢ書かれãĻいぞす。 🐮 į‰›ã€Œåƒ•ã¯æ­ŠããŽãŒé…いから前æ—Ĩぎ夜ãĢでかけよīŊžã€‚ さãĻ、äģŠåš´ã¯ãƒã‚ēミ嚴。

そしãĻ「さる-とり-いãŦ-い」もぞだčĻšãˆã‚„すいです。 それぞれ最初ぎ意å‘ŗ合いをčĻ‹ã‚‹ã¨ã€ 植į‰Šīŧˆå‘Ŋīŧ‰ãŒį”Ÿé•ˇã™ã‚‹é †ãĢもãĒãŖãĻいぞすね。

14

昔įĨžæ§˜ãŒæ–°åš´ãĢ挨æ‹ļãĢæĨた動į‰Š12åã‚’åš˛æ”¯ãĢするということでãƒŦãƒŧ゚をさせぞした。 【子īŧˆã­īŧ‰ã€‘æ•ŖらばãŖãĻいる様子。 åąąãŽįĨžãŽäŊŋいでäŋĄäģ°ãŽå¯žčąĄã€‚

3

åš˛æ”¯īŧˆåäēŒæ”¯īŧ‰ã¯å…ƒã€…単ãĢ順åēã‚„æ–šč§’ã‚’čĄ¨ã™įŦĻåˇã¨ã—ãĻį”¨ã„られãĻいぞしたが、夊äŊ“čĻŗæ¸ŦãĢåŸēãĨいãĻ、一čˆŦå¤§čĄ†ãĢæšĻã‚’åš…åēƒãåēƒã‚ã‚‹ãŸã‚ã€ 動į‰Šã‚’åŊ“ãĻはめãĻčĻšãˆã‚„すくしたということです。

19

旧æšĻぎ4月。 į˛˜ã‚Šåŧˇã•ã¨čĒ åŽŸã•ã‚’čĄ¨ã™ã€‚ ぎんãŗりしたį‰›ãŽæ€§æ ŧをčĻ‹čļŠã—ãĻ、こãŖãã‚ŠčƒŒä¸­ãĢ乗ãŖたネã‚ēミはį‰›ãŽæ­ŠãŋとともãĢįĨžæ§˜ãŽã‚‚とãĢ向かいぞす。

17

ã“ãŽåš˛æ”¯ã‚’ãŠãŽã‚ˆã†ãĢæąēめたぎかãĢã¯æ˜”čŠąãŒã‚ã‚Šãžã™ã€‚ įŒĢはįŋŒæ—ĨãĢį€ã„たį‚ē、十äēŒæ”¯ãĢはå…Ĩれぞせでした。 åĨŊåĨ‡åŋƒã‚’čĄ¨ã™ã€‚

60åš´įĩŒãĻば、ぞた最初から゚ã‚ŋãƒŧトしãĻいきぞす。 さらãĢ、うさぎと、へãŗと、いぎししぎ部分は、äŧ¸ã°ã—ãĒがらãƒĒã‚ēム感を持たせると、とãĻもčĻšãˆã‚„すいです。 そぎ垌 đŸ¯ トナãƒģ 🐰 ã‚Ļã‚ĩã‚Ž とįļšã 🐍 č›‡ã¯ãģとんお同時ãĢ到į€ã—た 🐉 鞍を尊æ•ŦしãĻるため、順į•Ēã‚’č­˛ã‚Šãžã—ãŸã€‚

1

åš˛æ”¯ã¯å…ƒã€… æ–šč§’ã‚„æœˆæ—Ĩã€æ™‚é–“ã‚’čĄ¨ã™ãŸã‚ä¸­å›Ŋã§æŽˇãŽæ™‚äģŖからäŊŋわれãĻいたようです。 「さる-とり-いãŦ-い」は 「įŒŋéŖ›äŊåŠŠã€ã‚’思いå‡ēせば「さる-とり」ぱムãƒŧã‚ēãĢå‡ēるぎで、そぎ垌ぎ「いãŦ-い」もå‡ēやすくãĒりぞす。

4