標準 報酬 月額 表。 標準報酬月額とは?調べ方は?手取り15万円のOLの例を見ながら分かりやすく解説します。

随時改定の対象となる労働者の標準報酬月額の算定に、年間平均を用いるための要件は、次の3点です。

20

00 59,475 36 32 665,000 ~ 695,000 680,000 33,456 6,120 39,576. 00 53,985 34 31 605,000 ~ 635,000 620,000 30,504 5,580 36,084. 手順は以下のとおり。 被保険者の資格取得 標準報酬月額は、従業員を雇用し、新たに健康保険や厚生年金保険が適用となった時点で決定する必要があります。

16

具体的には、「4月から6月に実際に支払われた給与総額」を3で割り、算出された平均額(報酬月額)を上述の保険料額表に当てはめ、該当する標準報酬月額を決定します。 定時決定により算定した標準報酬月額は、大きな変動がなければ、翌年の定時決定まで1年間変わらない。 健康保険の等級は、第1級の5万8,000円(6万3,000未満)から第50級の139万円(135万5,000円以上)までの全50等級である。

11

実際に各保険料を計算するときは、以下の式に当てはめて計算する。 そのため、冒頭での会話のように、たまたま残業代等が多く、4月から6月に支払われる給与額が通常より多くなった場合、その後1年間の「社会保険料」が高くなってしまう、ということがあります。 超高齢化とともに、社会保険料が高くなっていることを実感している人は多いだろう。

17

ただ、標準報酬月額は実際に支給する賃金額とは少し違い、決められた時期に実際支払った賃金の平均額を区切りの良い幅に当てはめた、おおよその設定額です。 具体的には、「昇給または降給等により固定的賃金に変動があった場合」かつ「連続3ヶ月間の平均賃金が標準報酬月額で2等級以上の変動を生じた場合(ただし標準報酬月額等級表の上限または下限の等級の場合は1等級以上の差)」に改定がおこなわれ、これに該当する翌月分から新たな標準報酬月額を適用します。

2

継続した3ヵ月はすべて報酬等の支払基礎日数が17日(短時間労働者は11日)以上なければならない。 また、産前産後休業中に支給される「出産手当金」も同様の計算式で決まるので、標準報酬月額が高い方がもらえる手当額も多くなるということです。