改憲 君主 党。 超絶神回「百田尚樹チャンネル」で、及川幸久と百田尚樹が謝罪に追い込まれた理由(完結編)

「改憲君主党チャンネル」では有本さんについての解説は無かったためNNJニュースが解説すると、有本さんが、 「私の事務所でも本日、別途、法的措置を検討します」 とツイートしたのは30日だ。

6

そして次に大川総裁の長男でYouTuberの大川宏洋さん 32 の話になるのだが、宗教を巡っては及川さんがヒートアップ。 「なぜ一番配慮した自分が批判されなければならないのか」 そして、 「私は宗教で笑ったりはしない!」 ところが、幸福の科学の大川隆法総裁 64 の「霊言」について及川さんが丁寧に解説したとき、百田さんは「いきなり鼻で噴き出した」。 第3に、参議院だけが都道府県の代表だとするならば、衆議院と違う性格の議会にしてよいか、 ひいては二院制のあり方そのものも問題になる。

3

これに対して自民党は、大災害で国会が機能しなくなった事態に備え、 1 行政権限を一時的に強化し、緊急政令で法律同様のルールを定めること、 2 選挙を行わずに議員の任期を延長できることを憲法で定めるべきだとする。 KAZUYAを代理戦争に「けしかけて」いる卑怯者がいる? 有本さんは、 「KAZUYA氏には、彼のツイートにある、私が『上念さんを長期的に貶め』たという部分を説明してもらう。

18

上念さんのために街宣車を用意した。 カメラから視線を外していたため、スタッフからダメ出しが出た、ような雰囲気だった。 以前にネット報道番組「虎ノ門ニュース」に上念さんとケント・ギルバートさん 68 が出演した際、沢山の低評価が付いた。

17

さらに、日本経済新聞 同20日社説 「合区解消案は利己的すぎる」によれば、「もしも、自民党案が実現したら、同党はかなりの確率で議席増が望める。

7

上位チャンネルの半数以上が、最近開設されたものという事実は驚かされますね。 年齢は関係ない。 日本と同じ轍は踏みたくない。

2

4月5日の放送では、宗教法人は原則非課税、お布施も非課税、という話しの流れになり、「改憲」さんは、 「個人チャンネルの法人化も考えていまして、及川さんに宗教法人の作り方を教えてもらおうかな。 そんなストレス解消には街宣車がいい。

19

そもそもこの案は、弱者に配慮したように見せかけた、自衛隊の明記等とセットの「アメとムチ」、もっといえば、実現可能性が乏しい点で「絵に描いたアメ」であり、 国民が「甘み」を感じることはない。

15