進撃 の 巨人 128。 【進撃の巨人】138話 鳥・急ぎ(追記あり)

ミカサ、アルミン、コニーがエルディアを裏切った!殺せ!と叫ぶフロック。 驚いたフロックはアルミンに何を騒いでいる?と言うと、車力の巨人が鎧の巨人と海へ泳いで逃げた、今すぐ飛行艇が必要だ、急いでアズマビトに飛べるようにさせろ、と大声でフロックに指示を出します。

16

無謀すぎるアルミンのだまし作戦 しかし!迷ってる暇はなく、港を偵察していたハンジさんは、海の向こうに立ち込む大量の蒸気を発見し、地鳴りがマーレ大陸に上陸したと告げる。

なぜこうなるんだと言うオニャンコポンに、イェレナは、人から暴力を奪うことはできないよ、ねぇ?兵長とリヴァイに言い、顔を包帯で覆いながら、無言で戦況を見守るリヴァイ。

2

ダズを止めようとするアルミンですが、サムエルがアルミンを銃で撃ちます。 それを聞いてダズとサムエルは安心する。

1

そこにミカサが窓から飛び込み、部屋でキヨミに対して銃を構えている兵士を一撃で倒します。 そんなハンジはあることを伝えます。

11

「進撃」は、講談社発行のコミックスで、雑誌連載は2009年から。

港を占拠した一番の目的も、船や技術者を持つアズマビトを押さえることだったのかもしれないとハンジは説明します。

16

自分を正当化するために足掻いた、卑劣なマーレの人間である自分を認めたくなかったと言います。

16