川口 春奈 大河。 大河撮影で冷戦状態は門脇麦の嫉妬? 代役・川口春奈との“不仲説”はでっち上げの戦略か<共演NG?【犬猿の仲】の有名人>

現在24歳にして芸能生活も10年以上が経過しているのですが、最近は 「顔が変わった」、 「劣化した」などといったネガティブな意見も浮上しているようです。

7

NHKでは現在放送中の朝ドラ「おちょやん」で、川口と同じ芸能プロ「研音」所属の杉咲花がヒロインを演じる。

19

今すぐU-NEXTに申し込めば、1ヶ月間は 「U-NEXT」のサービスを無料で利用できるんです。 2013年に放送された『夫のカノジョ』(TBS系)は予定を短縮して8話で打ち切りという結果になり、放送当時、川口は〈視聴率、視聴率、、今はすべてが数字で判断される時代なのかな?悲しいな…〉(2013年11月15日のブログより)と苦しい胸の内を吐露していた。 1%(ビデオリサーチ調べ・関東地区)と好発進だったという。

10

初めての時代劇なので歩き方や座り方、全てが勉強だとおっしゃっていたが、演技されている姿を見ると、立派に凛々しい帰蝶を演じてらっしゃいました。

春奈ちゃんも、ご両親と祖母、故郷を愛して素敵です。

4

夜、自転車で帰るところで道路から畑に転落して、高さは1メートルくらいでしたけど、打ちどころが悪くて亡くなったんです」 こうした経緯は、春奈にとって辛い思い出に違いない。

15

「可愛さ」だけじゃなく、豪快さ、お茶目さなど、その人柄に好感を抱く人が増えている。

10

2011年に『ニコラ』専属モデルを卒業した後は、女優業を本格化させ、主演ドラマが何本も放送された……のだが、なかなか視聴率が振るわず、「低視聴率女優」のレッテルが貼られてしまった。 強がりではなく、それが彼女の強みなのだろう。 撮影は2018年以前になるだろうが、2019年に公開された高橋一生とのダブル主演映画『九月の恋と出会うまで』では、芸術家が集まるアパートに引っ越した女性が1年後から話し掛けているという不思議な男性の声の頼みで、その男性の現在の実体の尾行を始めるというパラドックスにあふれた設定の作品に出演。

2

また、現在放送中の『極主夫道』でも、家事全般が苦手で、ハンバーグを作る予定がキッチンをグチャグチャにして倒れ込んでいたり、洗濯物も投げ捨てるように畳んだり、言葉遣いが悪かったり、ラリアットしたりする一方で、優しく愛らしい妻であり母・美久を、おおらかに魅力的に演じている。 苦難の時代を乗り越えて、今が本格ブレイクの時だ。