七草粥 いつ。 七草粥はいつ?2022年版!夜でもOKなのかについて徹底解説!

他に1月7日というと「松の内」といって、一般的には元旦から7日までの間の最後の日になり、お正月飾りも7日には外しますよね。 旧正月に食べられることの多い精進料理です。

12

七種粥の由来や起源は? 実は、七種粥の起源はもっと古いとされていますよ。

要するにお正月のめでたい気分を切り替えるための食事というわけですね。 それが室町時代には、既に日本に伝わってきて現代まで受け継がれている伝統的な行事になっています。 日当たりのよい道端や田んぼによく自生しています。

16

一方日本には 「若菜摘み」という年初めに若菜を摘んで新しい命から生命力をいただく風習がありました。 蕪(かぶ)は、一般的に根の部分を食べる根菜ですが、七草粥では葉の部分を使います。

13

蘿蔔 最後を飾る蘿蔔は「スズシロ」と読みます。

14

蘿蔔(すずしろ) それぞれ次のような縁起のいい意味があると言われており、古くから民間では薬草と信じられていました。 仏体を表す縁起物の植物なんです。

11

3人家族でも0. 中国では「人日の日」である1月7日に、仕事の出世を決める試験が行われており、その年の出世を願って、その日の朝に七種菜羹を食べる習慣があったといわれています。

4

25 ;outline:none;cursor:pointer;transition:background-color. 七草粥は平安時代から伝わる行事でもあり、まずは神様に供えてから家族みんなで七草粥を食べて、その年の一年の無病息災と五穀豊穣を祈るものとされています。 冬の寒い朝に、あっさりとした優しい七草粥を食べると、お腹も心も満たされます。

繁縷(はこべら)• 七草粥は1月7日に食べるのが風習ですが、 多少なら遅れて食べても大丈夫です。 栄養面では、骨粗しょう症の改善に効果があるビタミンKを多く含んでいます。 初めて七草粥に挑戦するママにもぴったり! 野村たかあきさんは、「おばあちゃん」シリーズで他に『おせち』『えほうまき』『おはぎ』など3冊刊行されています。

2