論語 現代 語 訳。 孔子の『論語』の原文・現代語訳と解説:『孟子』『老子』などの解説

」 (子罕) <書き下し> 子曰はく「譬(たと)へば山を為(つく)るが如し。 を疑わず取り込むばかりか、大げさな表現で有り難そうにコピペして読者を脅しつけている。 現代医療のなお及べない山奥で、なすすべも無く死んでいく人の死には立ち会ってきた。

を、html表記の都合上、文字の上に記した。 それでも後世の世間をいささかなりとも潤しているとするなら、人間、どこで世間様の役に立つか、わからんものである。

司馬氏はことを知っていたから、決して映像化するなと言った。

(あと1回のもっこの土で山が完成しそうなとき)その1回をやめるのも、自分でやめたことなのである。 従来の『論語』本の現代語訳も、必ず自力で訳出した後に参照した。 所詮口から出任せでしかないのだ。

19

東京帝大とは、その程度の連中が入ったり教えたりする学校だったのだ。 山田勝美『論語』(角川文庫)角川書店、1985年• なお、「のたまわく」は「いわく」の尊敬語であり、孔子に対してだけは「のたまわく」と読んだ方がよいと思われるが、煩雑になるのですべて「 曰 ( いわ )く」で統一した。

12

ホンモンと有り難がることがすでに、戦前の漢文レベルがいかに低いかをよく示している。

19

あまたある論語の翻訳本の中で、訳者が唯一繰り返して読み返す本で、訳者如きが無い知恵絞って訳文を考えた挙げ句、この本を開くと「君ィ、まだまだだね!」と教えられて目を覚ますことがある。 『じわじわと浸潤してくる他人の誹謗中傷と、皮膚に直接感じる無実の訴え、これを受け付けないのが聡明である。 虎・豹のなめし皮は、犬・羊のなめし皮のようであり、どちらとも必要なものである。

4

など、真正のサド。

7